• HOME > 
  • コラム

【第23弾】 3つの数字力

ビッグデータの活用が叫ばれ、統計学への注目が集まる中、ビジネスにおける数字の存在感が増して来ています。

ビジネスの共通言語は「数字」です。

従って、数字の裏付けがない議論は、希望や憶測、感想を述べているだけで、解決策が見出せず、ビジネスの世界では意味がありません。

数字が示す事実の共通理解の上で、方向性や解決策を論理的に議論をし、決定し、実行して行く事が必要なのです。

特に現代は昔とは違い、社会の情報化、ビジネスの高度化が進み、数字には強くなければ結果も伴わないのが現状です。

数字力の重要性は経営者は勿論の事、今では部門・部署を任される管理者にとっては必須のスキルとなってきています。

一般的に「数字に強い…」と言われる方は、リスク管理に長けているとされています。

そのような方の特徴として、3つの目を持っていると言われています。

① 鳥の目
高い所から客観的に全体を見渡し概略を把握する

② 魚の目
状況の変化を見極め、どの方向へ行こうとしているのか、時代の流れを素早く把握する

③ 虫の目
低い位置や近い距離から物事を鋭く観察し、個別具体的な詳細を把握する

これら3つの複眼を持ち、経営・部門・部署に関わる様々な数字を見て、その意味する所を探り、数字の裏に隠されている事実や実態を読み解き、その解決策を立案実行する…………これが「数字に強い」と言う事なのです。

いわゆる高度経済成長の時代は、右肩上がりの方向性で「虫の目」だけを持っていれば、経営者も管理者も務まったかもしれません。

しかし、現代は、激動の時代、俯瞰的に全体を把握し、時代の流れを読み取り、その方向性やターゲット顧客、市場など、柔軟に変えなければなりません。

その為には、虫の目だけでなく、鳥の目、魚の目を持ち併せなくてはならないのです。

現代組織で言うと、「虫の目」は主任クラス……現場や担当業務を鋭く観察し、詳細を把握し、改善すべき点は改善する……主任ともなれば「虫の目」は必要でしょう。

鳥の目、魚の目は管理職以上なら持っていて欲しいものです。

管理する部門や部署を客観的に全体を把握し、 

どこに問題があるのか?
流れを見極めターゲットや市場に問題はないのか?
そしていつ迄に、どのような方法で解決をするのか?

を素早くアジャストし、全体を進めて行くのです。

また、部門・部署においては、独自の数字を設定し追求する事も必要です。

例えば、ユニクロの場合、店舗運営部門では
「坪効率」
に重点を置いています。

アイリスオーヤマの開発部門は
「新商品比率」
に重点を置き、発売から3年以内を新商品と定義し、それが売上比率の50%以上と言う目標を掲げ、売上の最大化と言う経営方針との整合性を図っています。

このように、会社内においても、部門や部署によって基軸となる指標を各責任担当者は掲げ、それを追っ掛ける事で企業業績の発展に寄与する……という形をとっています。

このような事が可能になるのも、「虫の目」だけではなく、「鳥の目」「魚の目」を持っている管理者が存在しているからです。

数字はビジネスの共通言語です。

特に現代ビジネスにおいて数字力と言うスキルは不可欠です。

この3つの目を意識してより数字に強くなる事が望まれます。

【第22弾】女性の時代⁈

女性の活用・登用……と言われて久しい訳ですが、今や、こんな言葉は死語になるぐらい女性の活躍が目立っています。

政治においても企業においても最早、
女性の活躍なくしては進化成長がない時代になって来たのかもしれません。

では何故?
今の時代、女性の活躍が目立つようになって来たのでしょう?

それは「時代背景と女性特有の強さ」に起因しているのではないか?と言われています。

◆一般的に女性は芯が強く我慢強い……

◆口達者で、細かい所まで気づき、コミュニケーション能力に長けている………

◆しなければならない仕事、言われた仕事は100%実行をする(0には決してならない)…又は100%に向けて、その努力を惜しまない…

そして、
◆いざとなれば腹をくくれる度量をも兼ね備えている
とされています。

一方男性は、
◆飽きっぽく、口下手……
◆仕事に関しては0の時もあれば200%もある……
◆立ち居振る舞いは威勢がいいが、意外と小心者………

だそうです。

高度経済成長、バブル期のようなイケイケの時代であれば、男性の特質は大いに力を発揮しました。

しかし、バブルは崩壊し、リーマンショックに見舞われ、経済環境は悪化の一途を辿ります。

その結果、企業業績も自ずと悪化し、小心者の世の男性達は社内外のプレッシャーに疲弊して行きます……
そこで台頭して来たのが、上記の特質を持った女性陣という訳です。

また、個人消費は女性が約70%を占めているというデータもあります。

作ればモノが売れる……という時代から、
モノが売れない時代へと移行した現代…
そんな中で女性目線を取り入れた商品開発は不可欠となっている事も、女性が台頭している要因になっているのかもしれません。

先般、ある女性経営者のインタビュー記事が掲載されていましたので、少しご紹介します。

まず前段として、
女性経営者の背景をお伝えしますと………
メッキ工場を父が開業、創業者である父が1991年に他界し、その後、社内昇格で社員達に社長をしてもらうも業績が悪化、2000年33歳の若さで社長就任、試行錯誤を繰り返し、3年後黒字転換…こんな背景です。

質問:「社長になった経緯をお聞かせください」

女性経営者:
「父が亡くなった後、生え抜きの社員の方達が社長を務めてくれていました。
当時、時計部品のメッキが主力で売上の約9割を占めていました。
しかし、時計メーカーの生産拠点がどんどん海外に移りました。
当時の社長は打開策を講じず業績が悪化……
逃げ出すように社長を辞任してしまいました。
そこで半ば仕方なく社長を引き受ける事になったのです。」

質問:「会社を整理するという方法もあったのでは?」

女性経営者:
「はい、しかし父が創業した会社を守りたい…
という思いもありましたし、何より
当時働かれている社員の方達を守らねば……
という思いが強く、業績が幾ら悪くても整理をするという選択肢はありませんでした。」

質問:「社長就任時、思い出される苦労は、どのような事ですか?」

女性経営者:
「就任当初は『女、子どもに何ができるか』という雰囲気が蔓延していて、社員からの視線は決して温かいものではありませんでした。
まず誰よりも早く出社し、掃除や段取りをし、帰りも片付けや掃除をして誰よりも遅く帰る………自ら挨拶をし、実際の現場に入り、社員達と共に汗を流しコミュニケーションを取りました。
そうすると少しずつ理解してくれる人達が増え、現場に入る事で見えて来た課題も、その人達と改善出来るようになりました。
あとは、資金繰りと営業です。
債務超過でリスケを行っていたので、新たな借入が出来ません。
税理士の先生から教えて頂いた方法で、あの手この手で資金を繋いで行きました。
営業も新しい事を始めるのに抵抗があったのか、営業活動もルーティンセールスをやっているだけで、新規顧客を開拓する事はしていませんでした。
そうした中、一人で飛び込み営業を始め、少しずつ新しい顧客を増やして行きました。」

質問:「女性経営者の強みは何ですか?」

女性経営者:
「腹が据わっている事でしょうか(笑)
女性は弱い…定義されている所もありますが、時々、実は男性よりも芯が強いのかなと思う事があります。
後は、決めの細かさでしょうか。
トイレを改修したり、工場内美化に力を入れたり、5S活動も………
職場環境を良くして行こうという意識は女性の方が強いのかもしれません。」

……記事はまだまだ続きますが、代表的な所をピックアップしました。

① 諦めない我慢強さ
② 相手を思う母性
③ コミュニケーション能力の高さ
④ きめの細かさ
⑤ 一歩踏み出す勇気

このような特質が、上記のインタビューでも垣間見られるのではないでしょうか?

今、大河ドラマでは、戦国の時代を駆け抜けた「おんな城主 井伊直虎」が放映されています。

これも世相を反映してのものなのかもしれません。

【第21弾】嬉しいノベルティ…3 つのキーワード

モノが売れづらくなった現代において、各企業は如何に売るべきか?……が最重要課題となり、セールスプロモーションの活用が不可欠な要素となっています。

その一つとしてノベルティグッズの有効的な活用も脚光を浴びる存在になって来ています。

そこで貰うと嬉しいノベルティグッズのキーワードを3つご紹介致します。

① 役立つノベルティグッズ
自身では購入する事は無いかもしれないが、貰うと役に立つノベルティ………

例えば、紙を数枚挟める程度のクリップ……実際には買わなないかもしれませんが、あると便利で役に立ち、且つノートのワンポイントデザインにも活用できる……ノベルティとして貰えるのであれば嬉しいものです。
マグネットなども普段は買わなないかもしれませんが、スイーツデザインや季節行事をモチーフにしたマグネットは、部屋のインテリアにマッチし、邪魔をせず……あれば便利な商品です。

これらのように、少量だがお洒落で使ってみたくなるようなデザイン……そして実際の役に立つ……こんなノベルティグッズが貰うと嬉しくなるものです。

② 気持ちが嬉しいノベルティグッズ
昨今では毎月…毎週…「○○○円以上お買い上げの方に○○をプレゼント!」というようなキャンペーンを至る所で見かけます。

その中には、シンプルな商品に名入れをしただけのノベルティも多くあります。それはそれで貰えるモノなので嬉しいのかもしれません。

一方で、福袋タイプで中身が分からない……
そして実際の中身は、その店のテイストに合ったノベルティグッズ…………

お客様のワクワク感、驚きを演出し、実際貰った商品にも満足………

ノベルティグッズはその企業や店の個性が出るものです。

例え高価なモノではなくても、お客様の事を考えたノベルティ………ちょっとした心配りが嬉しいものなのです。

③ センスの良いノベルティグッズ
例えばAppleのノベルティ……本当に洗練されていてセンスの良さを感じます。

ジョブズの拘りがこんな所にまで活かされているのかもしれません。

Appleのノベルティは代表的なものですが、そのセンスの良さを感じさせてくれるノベルティがあります。

このようなノベルティグッズは貰うと勿論、嬉しいものです。

総じて上記3つが「貰うと嬉しいノベルティグッズ」のキーワードです。

共通している点は全て消費者心理に基づいているという事です。

まだまだ多くのノベルティは、企業側…店側…の一方的な発信によって配布されています。

これでは中々、お客様に「貰って嬉しい……」とは感じてもらえません。

まずはお客様の立場に立って、ワクワクや驚き・感動を抱いて頂けるような……そしてそれを貰った後、生活シーンにおいて喜んで使って頂けるような……………そんな、所謂「コト」作りが重要です。

一般的に「コト」を生み出す要素としては5つあると言われています。

⑴ 感覚
⑵ 感情
⑶ 想像
⑷ 行動
⑸ 回帰

これら5つです。

心理学では、人はこの5つの情緒によって共感を抱くと言われています。

自分達のお客様にはどの要素が最も共感をして貰えるのか?
興味を抱いてもらい、より多くの共感を抱いてもらうにはどのようにしたら良いのか?

……………これらに重点を置いたノベルティグッズの制作・展開を実施する…………………これによりお客様は「貰ったら嬉しい……」と感じてもらい、敷いてはそのお客様がその企業のファン…店のファン……ロイヤルカスタマーになって行くのです。
http://www.koshioka.co.jp/novelty/best_customer.html