完全オリジナルだからこそ効果が上がる
イベントオリジナルノベルティ

完全オリジナルだからこそ効果が上がるイベントオリジナルノベルティ

イベントや展示場での集客や企業、商品、サービスの認知度向上を目的としたノベルティをつくりたい!と思っていても、他社と差をつけるにはどうしたら……というお悩みは多いのではないでしょうか。ノベルティは、まずは手に取ってもらえることが最初のステップです。

オリジナルノベルティ、プロモーション商品の企画制作を手がける「コシオカ産業 株式会社」なら、企業イメージや商品・サービスを確実に印象づける、“本当に意味のある”プロモーションツールを企画、ご提案できます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

このようなお悩みはありませんか?

  • 「ノベルティなんてどれも同じ」と思われたくない。
    差別化を重視して完全オリジナルのアイテムをつくりたい!
  • 手に取ってもらいたけれど奇をてらいすぎて、
    企業や商品サービス内容が伝わらないのでは?
  • せっかくつくるなら、実用性も高めてちゃんと使ってほしい!
  • 他社では配っていない、うちだけのレアアイテムをつくりたい!
  • いざ配布しようと思ったら、配りにくく、持ち帰りにくいもの(サイズ、形状)だった……。次回はユーザーに負担にならないものをつくりたい。

目的に応じたノベルティを企画制作

目的に応じたノベルティを企画制作 目的に応じたノベルティを企画制作 目的に応じたノベルティを企画制作 目的に応じたノベルティを企画制作

イベント会場や展示場で今や当たり前のように配布されているノベルティの数々。しかし、残念なことに何のために作り、配布すべきなのかという、本来の目的を見失っている残念なアイテムも少なくありません。このように、目指すべきゴールやそこに至るまでのプランが曖昧なノベルティでは、コストをかけて制作してもムダになるだけです。しかし、逆を言えば、しっかりとした目的をもって作るならノベルティほど優れたプロモーションツールはないと言えるでしょう。では、ノベルティを作る目的とは? 以下の2点が考えられます。

単なる名入れではない
自社らしさのアピール・認知度向上

たとえばノベルティというと、ボールペンのようなアイテムがすぐに思い浮かびます。それなら、確かに既存の商品に名入れするだけで量産もしやすく、コストも低く抑えられるでしょう。しかし、名入れといっても、打ち出せる社名やロゴは小さく、それだけでは強い印象を与えることも人の記憶に残ることもあまり期待できません。

そもそも、ありきたりなアイテムだけに、さまざまな企業の名が入ったボールペン群に紛れてしまい、アピールできずに終わる可能性もあります。しかも、その企業らしさや商品・サービスとの関連性が希薄な点も問題。ノベルティを完全オリジナルで作る意味はまさにそこにありますが、かといって意味もなくキャッチーなアイテムを作り、配るだけ……ももったいない。

ノベルティの存在感だけ際立っても、配布元の企業や商品、サービスが想起できないようなものでは用をなさないからです。その企業や商品、サービスとの親和性があり、かつ斬新さや実用性が伴ってはじめて、認知度向上、自社らしさのアピールができるのです。結果を出せるか否かはまさに戦略次第と言えるでしょう。

ここがポイント!
  • ノベルティは完全オリジナルで
  • 奇をてらっただけのアイテムでは?
  • 企業や商品、サービスとの親和性が大切
  • 斬新でありながら実用性も備えたモノが強い

他社と差別化・目をひくオリジナルのノベルティ

他社と差別化・目をひくオリジナルのノベルティ

確かに、ただ奇をてらっただけのノベルティでは、見た目のインパクトばかりが印象に残ってしまい、企業や商品、サービスを想起させられずに終わる可能性があります。しかし、多くの企業、業者が出展し、競ってノベルティを配るイベント会場や展示場で“埋もれない”ためには、やはり明確な差別化が不可欠。それには、他社が配っていないようなレアなアイテムであることがまず理想的ですが、同時に自社のイメージや商品、サービスにマッチしたものであることも忘れてはいけません。

また、できるだけコンパクトなアイテムにすることも一つのポイント。来場者はそのイベントで多くのノベルティを手にします。持ち帰りが負担になるような重い物、かさばるものは避けましょう。もちろん名入れができること、名入れを想定したデザインを採用することも重要です。なお、ノベルティの差別化を図るには他社がどのようなノベルティ戦略を採っているのか、どのようなアイテムを制作しているのかといった情報の収集と検討が必要です。とはいえ、多くの企業様にとって、ノベルティの企画制作は守備範囲外。でもご安心ください。コシオカ産業におまかせいただければ、最新の事例や傾向を十二分に研究しているので、他社にない完全オリジナルのノベルティ企画をご提案できます。

ここがポイント!
  • 埋もれないための差別化が不可欠
  • 他社で配っていないレアなアイテムなら◎
  • 企業や商品、サービスとマッチしているモノ
  • 持ち帰りが負担にならないコンパクトサイズ
  • 名入れを想定したデザイン