ミニオンの大ヒットは、狙い通り?

2010年に初公開された『怪盗グル―の月泥棒』。日本興行収入が12億円になる人気映画になり、シリーズ最初の作品です。
このシリーズは、なぜ右肩上がりで人気を高めらたのでしょうか?

ターゲットは、ファミリー層。
映画も大人が一緒に楽しめるものを・・・と考えらえれ、その中でひときわキャラが立っているミニオンたち。

そのミニオンたちに着目し、そのプロモーションに
力をいれたそうです。
ミニオンをリサーチすると、女子高生以上の女性に人気がある事が分かったため、2作目に”ミニオン”をタイトルに入れ、さらに全面に押し出し、宣伝をすると、一緒に映画を見に行く男性にも、受け入れられるようになりました。

さらなる拡大を目指すために研究するなかで、「トイストーリー」のヒットの背景に着目。

ディズニーランドでアトラクションができたことが影響していると推測されたそうです。

大人も小さい子どもに戻って楽しめるパーク。アトラクションを楽しんだ人が映画も観て、『子ども向けのアニメと思っていたけれど、大人が観ても楽しめる♪』と口コミされ、映画が公開されていない年でも、パークでは、ショーやフード、グッズを展開され、パークでは1/3の来場者がミニオングッズを購入されているそうです。
このように定期的な情報提供や、口コミなどで
ミニオン人気が浸透していったようです。

魅力ある商品に、裏付けのあるプロモーション。
これが、大ヒットにはかかせないようです。