• HOME > 
  • コラム

【第16弾】中小製造業の生き残り策

一体、日本における中小製造業は何社位あるのでしょう?

‥‥‥‥‥答えの前に、日本の全体企業像を抑えておきましょう。

国税庁調べによりますと、全企業数は412万8215社です。
その内、法人企業は約170万社‥‥その他は個人事業主及びペーパーカンパニーで約242万社あります。

また、大手企業と中小企業の内訳は以下の通りです。

大手企業‥‥‥‥約40万社
中小企業‥‥‥‥約370万社

実に全企業数の約90%強(全労働人口では全体の約70%)を中小企業が占めている事になる訳です。

では‥‥‥‥‥‥‥冒頭の質問に戻りますが、中小製造業は一体何社あるのでしょう?

上記、中小企業数370万社の内、約50%の200万社に近い中小企業が何らかしかの製造に携わっているとされています。

戦後日本の隆盛はある意味、中小製造企業が支えてきた‥‥‥と言っても過言ではありません。

しかし‥‥‥バブルの崩壊、リーマンショク、アジア諸国の台頭、人口の減少、消費の低迷などから中小製造業の生産は減少傾向にあり、逼迫している状態にあると言えます。

上記全企業では約70%が赤字‥‥中小企業370万社では約80%が赤字‥‥そして中小製造企業においては約90%近い企業が赤字との事です。

この数字を見ると政府が言う好景気感は、甚だ疑問がありますが、一方で国税庁調べによる企業生存率‥‥‥『会社設立後、約90%は10年で倒産‥‥』こちらの方は頷ける感じがします。

然るに、上記データから中小製造企業の置かれている現状は厳しいものがある訳ですが、それを打破し、現在においても黒字成長を続けている中小製造業がある事も事実です。

そんな成長企業には何個かの共通点があります。

まず【危機をどう乗り越えたか?】と言う点での共通点です。
① 若手経営者や後継者が改革を主導・断行
② 社員の意識改革
③ 原点回帰とコア技術の踏襲
④ 選択と集中

これらの具体策を断行し危機を乗り越えています。

また、危機に直面した時、新たな市場や顧客‥‥新たな事業を展開する事で危機を乗り越えた企業も多くあります。

そうした企業に見られるコンピテンシー(行動特性)の共通項は次の通りです。

❶ 戦う領域を絞る
❷ 組み合わせによるバリエーション
❸ サービスやソリューションの提供
❹ プロモーション重視
❺ Io Tへの対応
❻ オープンイノベーション

難しいようですが、❶❷は、今まで1つのプロセスで事業を展開していた場合、少し前後のプロセスを取り入れ、その組み合わせにより戦う領域を変える‥‥‥そうすれば、今まで競合他社が100社あったものが、10社になるかもわかりません。

それがサービスやソリューションとなるのです。

また、自社でそのプロセスが困難な場合、オープンイノベーションとして外部連携を図る‥‥‥‥‥‥あとは、プロモーションにより周知してもらう‥‥‥‥‥このような流れで全体像をイメージすれば難しくはないと思います。

次に【これからの不透明な時代をいかに乗り切るか?】

これにも共通項があります。

製造業において「技術力」「品質」「コスト」重視といったこれまでのモノづくりでは差別化は図れません。

上記は当然の事として、それに加え『サービス』『ソリューション』『圧倒的なスピード』といったソフト面も兼ね備えた【総合力】を高める事‥‥‥‥‥‥
そして、それを広める為の宣伝・広告‥‥いわゆる『プロモーション』を磨く‥現状を打破し、成長している企業はこれらを重要視されています。

 

最後に製造業の場合、海外生産も重要です。
【海外事業をいかにマネジメントするのか?】

これにも2つ共通点があります。
1. 規則やルールの明確化
2. 現地化

企業を運営する場合、規則やルールを決め順守してもらう‥‥‥これは当たり前の事です。

これにより、業務の効率化が為され、業務も見える化が出来ますので、情報の共有も出来ます。

そして‥‥重要な事は、上記のベースをしっかりと構築した上で、「ローカルはローカルに任せる」‥‥日本で言うところの「郷にいれば郷に従え」‥‥です。

究極は全て現地に任せる「現地化」をしている企業の方が、海外事業は上手く行っているようです。

これから日本の中小製造業を取り巻く環境は益々厳しい曲面を迎える事になると思います。

また、製造業だけではなく、その他の中小企業においても然りです。

上述の「成長企業の共通点」は、全中小企業にとっても大いに参考になると考えますので、是非一考を案じて見てください。

【第15弾】SP(セールスプロモーション) 市場動向

今やSP(セールスプロモーション)市場は、マスメディアやコンテンツまで含めると、約10兆円規模になると推定されています。

企業が販売活動をする際に発生する広告費(販促費)が10兆円あるという訳です。

その企業が行う販売活動の打ち手と比率は概ね以下の通りです。

1. テレビ……………………………………….31.8%
2. インターネット広告……………………17.1%
3. 新聞広告……………………………………..9.8%
4. 折込チラシ………………………………….8.0%
5. DM……………………………………………. 6.4%
6. 屋外広告・展示会・イベント ‥‥‥5.1%
7. 雑誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4.1%
8. フリーペーパー・マガジン………….  3.8%
9. 交通機関広告……………………………….3.3%
10.POP…………………………………………. 3.2%
11.ラジオ……………………………………….2.1%
12.電話帳……………………………………… 0.7%
13.その他???……………………………..4.6%

企業が販売活動に対する具体的な打ち手(手法)とそれに掛けるコストは上記の通りです。

テレビCM広告などに掛ける販促費は約3兆2000億もあるんですね。

 

その昔、SP(セールスプロモーション)はマスコミ4媒体が主流でした。

マスコミ4媒体とは、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの4つで、ここに広告宣伝を載せる事で、企業は訴求を図っていました。

しかし‥‥‥‥現在ではマスコミ4媒体はテレビも含め減少傾向にあります。

 

何故か?

ラジオでの訴求は経済の発展と共に激減し、加えて活字離れ、媒体の多様化‥‥‥これらがマスコミ4媒体での販促費が減少している主な原因です。

そして‥‥‥‥媒体の多様化という事で、マスコミ4媒体に替わってて急成長をしている市場がインターネット広告市場です。

このインターネットの普及により、SP(セールスプロモーション)に対する打ち手に劇的な変化が見られるようになりました。

上記でもお分かりのように、今やテレビに急迫する勢いです。

更に、上記打ち手において「その他」が4.6%あり、この手法も今や急激な勢いで伸びています。

「その他」とは‥‥‥‥『ノベルティ』です。

数年前まで3000億市場だったものが、現在は4.6%‥‥約5000億の市場になって来ています。

SP(セールスプロモーション)市場において伸びている市場は、インターネット広告市場とノベルティ市場だけです。

 

そのノベルティにおいても、単純に廉価な商品に名入れをするという物質的価値からキャラクターやストーリー性をもった情緒的価値のノベルティに変化をして来ています。

そして‥‥情緒的価値を持つノベルティはSNSで拡散され、テレビCMをも凌ぐ効果があります。

 

今後のSP(セールスプロモーション)の新たな打ち手として、
【インターネット×ノベルティ】‥‥‥‥これが1つのポイントになると考えます。
http://www.koshioka.co.jp/novelty/index.html

【第14弾】ブランドファースト

東京都議選が真っ只中です。
今回の都議選は、豊洲移転問題など、いつになく白熱した感じです。

小池知事率いる「都民ファーストの会」対自民党‥‥‥‥こんな構図でしょうか。

小池知事も含め最近やたらと「○○ファースト」という言葉を耳にします。

ファーストという言葉が付くと、その前の固有名詞である○○が強調された形になり、浸透し易い‥‥‥覚え易い‥‥こんな印象になるものです。

「ブランディング」は今や第5の経営資源‥‥‥‥特に中小企業は「差別化」「存在意義」を高める為に取り入れなければならない経営資源です。

大手企業と経営資源を比較した場合、「人」「モノ(技術)」「金」「情報」という4つの経営資源では勝ち目はありません。

しかし、第5の経営資源「ブランディング」においては、中小企業が唯一大手企業と戦える武器と言えます。

従って、それを全社で推し進める意味においても、『ブランドファースト』という合言葉を上位意識として進めて行く事をお勧めします。

ブランディングは大手企業と戦える武器‥‥‥とお話ししましたが、何故か?

それは他の経営資源とは違い、競い合うものではないからです。

【自社にしか出来ないものがは何か?】

そして‥‥

【自社らしいとは何か?】

ブランディングとは、これらを追求して行く事に他なりません。

要は、他社との競争ではなく、全ての答えは自社‥‥そして社長を含め社員1人1人の手の中にあるのです。

大手企業云々という話しではない訳です。

このブランディングこそが、中小企業が現代において、生き残る為に必要な経営資源だと考えます。

ブランディングを進めるのに組織の規模は関係ありません。

そして‥どんな企業にも「らしさ」は存在します。

ブランディングとは、全社一貫した「らしさ」を表現する事なのです。

これが無い場合、存在意義は希薄となり、価格競争に陥ります。

ある会社の例を挙げますと、売上2億で社員8名の金型屋さんです。

いわゆる町工場でした。

バブル崩壊、リーマンショクの煽りを受け、過当競争に巻き込まれ、受注を取るために利率を下げながら、凌いでいたそうですが、それでも受注は増えず、倒産寸前までになったそうです。

そんな彼らが取り組んだのが3S(整理・整頓・清掃)活動でした。

それを全社で追求すると、社員の意識が変わり、無理、無駄、ムラが解消され、作業効率が良くなり、時短や在庫の削減も実現し、業績も回復したそうです。

更にそれを追求すると、「3S活動でV字回復」をした会社との評判を呼び、大手企業からの受注も入るようになり、価格を下げなくても、新規顧客数も増え続けていると言う事でした。

「3S活動=私達の会社」=『私達らしさ』を追求した結果です。

何もビジネスモデルの特異性だけがブランディングではありません。

企業としての「らしさ」‥‥これがブランディングなのです。

【自社にしか出来ない事は何か?】

【自社らしいとはどう言う事か?】

これを追求して行くのです。

私達らしい、目指すべき方向性とは(理念やビジョン)?

それを実現する為にしなくてはならない、私達らしい行動、立ち居振る舞いとは?

私達らしい営業活動・サービスとは?

私達らしい生産活動とは?

私達らしい業務処理とは?

全てにおける「らしさの追求」を続けて行く内に、存在意義のあるオンリーワンの企業へと成長するのです。

それが「企業ブランド」「企業文化」となる訳です。

ブランディングとは、webサイトのリニューアル、パンフレットの作成、会社ロゴの変更、CI、オフィスデザインの変更‥‥‥‥と思われている方が圧倒的に多いと思います。

上記を整える‥‥‥これも大事な要素である事は間違いありません。

しかし、幾ら目に見える表面的な部分だけを整えても資金が流出するだけで、ブランディングにはなりません。

会社内において「私達らしさ」を追求する土壌‥‥‥1人1人の意識‥‥‥それを主体的にブラシュアップするリーダーと仕組み‥‥‥‥‥‥‥これらがまず整わなければブランディングにはならないと考えます。

まずは【ブランドファースト】‥‥この合言葉を全社員が意識・浸透する事から始めましょう!