もらって嬉しいおもしろいノベルティ5選!制作するポイントや効果も解説

「おもしろいノベルティにはどんなものがある?」「おもしろいノベルティを制作するポイントや効果は何?」と疑問を抱えていませんか。

おもしろいノベルティは、企業のイメージアップや認知度アップにつながります。

効果を得るためには、おもしろさを追求しすぎず、実用性とのバランスを考えるのが大切です。

この記事では、もらって嬉しいおもしろいノベルティ5選、制作するポイントや効果、おもしろいノベルティの制作事例をご紹介します。

おもしろいノベルティ制作をしたいとお悩みの方は、ぜひご参考ください。

もらって嬉しい!おもしろいノベルティ5選

もらって嬉しいおもしろいノベルティをご紹介します。

  1. フェアトレードコットンマルチケース
  2. 保冷保温機能付サーモお弁当箱
  3. スタッキングカフェタンブラー
  4. 再生PETユーティリティバッグ
  5. バンブーファイバーカトラリーセット


1、フェアトレードコットンマルチケース

フェアトレードコットン7ozを使用ししたマルチケースです。
ペンケースや小物入れポーチ、カトラリーの持ち運び用などマルチに使用できます。
口元はテープで巻いて留められるため、物が飛び出る心配がありません。
国際フェアトレード認証ラベル付きのアイテムとなっており、SDGsやサスティナブルへの取り組みで企業価値を高められます。

2、保冷保温機能付サーモお弁当箱

保冷保温機能付きサーモ弁当箱です。
手のひらサイズのお弁当箱ですが、ごはん容器は300g(お茶碗1.5杯相当)と男性でも十分な容量です。冷蔵庫で冷やしていても電子レンジで温めて食べることも可能です。
容器のフタの部分には、お箸を収納できる溝があるため、別でお箸ケースを持ち歩く必要はありません。組み合わせ次第で一段弁当にも二段弁当にもなるので、使用シーンに応じてコンパクトに持ち運ぶことができ毎日のお弁当バリエーションも広がります。

3、コーヒー粒配合スタッキングカフェタンブラー

カフェタンブラーにコーヒー粒を配合したエシカルなタンブラーです。
フタをスライドさせると、大きさが異なる飲み口2種類選べるため、小さい方は温かい飲み物、大きい方は冷たい飲み物と使い分けできます。
タンブラー本体はプラスチック2層構造で保温・保冷効果があります。分解しやすく洗いやすい仕様となっております。
持ち手部分も指留め付きですべらない仕様になっているため持ちやすいです。

4、再生PETユーティリティバッグ

本来廃棄されるペットボトルを再利用した再生PET素材100%のポリエステル生地でできたA4サイズのトートバッグです。
使用している再生PET素材は第三者認証取得をしております。しっかりマチ付なので、厚みのある書類も収容可能です。
会社案内・カタログなどのバッグ、オープンスクールの資料入れ、環境配慮訴求のノベルティなど幅広い用途におすすめです。

5、バンブーファイバーカトラリーセット

環境にやさしい竹繊維を使用したバンブーファイバータイプのカトラリーセットです。
バンブーファイバーは、竹の繊維をパウダー状にして樹脂で固めたもので、合成樹脂の使用量を減らした、環境にやさしい素材です。
スプーン、フォーク、お箸がセットとなっており、繰り返し使用できるためプラスチック削減ができるエコ商品となります。

おもしろいノベルティの制作にて意識したい4つのポイント

おもしろいノベルティを制作するときに意識したいポイントは、以下4つです。

  • インパクトを重視する
  • おもしろさと実用性のバランスを考える
  • 配布方法を工夫する
  • ターゲットのニーズを意識する


インパクトを重視する

おもしろいノベルティを制作するには、インパクトを重視しましょう。

一目で興味を惹きつけられるようなノベルティであれば、企業名やサービス名を強く印象付けられます。

インパクトがあるノベルティにするには、デザインや素材、機能などを工夫するのがおすすめです。

デザインを派手なものにしたり、素材を少し変わったものにしたりすれば、一目で興味を引くようなノベルティが制作できます。

受け取った側が人に自慢したくなるほど気に入って愛用してもらえれば、想像以上の宣伝効果も期待できるしょう。

インパクトのあるおもしろいノベルティは、他社と差別化を図りたい場合にも有効的です。

おもしろさと実用性のバランスを考える

ノベルティは、おもしろさを追求するあまり実用性を忘れてしまうと本末転倒です。

ノベルティは長く愛用されることで効果を発揮します。
実用性がなく使い道に困るノベルティは、捨てられてしまうこともあり、高い販促効果を期待できません。

反対に、ノベルティとしてありきたりなものは、おもしろみに欠け、使ってもらえない可能性もあります。

受け取った側に気に入って使ってもらうためには、おもしろさと実用性のバランスを考えるのが大切です。

たとえば、おもしろい機能がついているノベルティであれば、「おもしろい」だけでなく「使える」ため、バランスの取れたノベルティです。

おもしろさと実用性を考えるときは、機能にも注目して制作するのをおすすめします。

配布方法を工夫する

おもしろいノベルティでは、配布方法を一工夫するのも大切です。

おもしろいノベルティを制作しても、中身が見えない状態で配布してしまうと、気づかないまま捨てられてしまうこともあります。

捨てられてしまってはノベルティの効果が得られません。
おもしろいノベルティで販促効果を上げるためには、一目で見ておもしろさがわかるような配布方法がおすすめです。

中身が見える状態で配布したり、興味をそそるようなパッケージにしたりするなど、工夫して配布すると高い販促効果を得られるでしょう。

ターゲットのニーズを意識する

ノベルティ制作では、ターゲットを絞りニーズを想定した上で取り組むのが大切です。

おもしろいノベルティを制作する際も例外ではありません。

ノベルティは喜んで使ってもらうことに意味があります。
受け取る側に喜んでもらうためには、ニーズを想定しておくのが非常に重要です。

ターゲットを絞りある程度ニーズを想定しておけば、喜んでもらえる確率をあげられるため、効率よくノベルティを制作できます。

年齢や性別によって「おもしろい」と感じるものは異なります。

おもしろいノベルティを制作するときも、ターゲットを絞りニーズを想定して「どういったものをおもしろいと感じてもらえるか」を考え取り組みましょう。

おもしろいノベルティから得られる効果は5つ

おもしろいノベルティから得られる効果は、以下5つです。

  • 企業のイメージアップにつながる
  • 企業の認知度アップにつながる
  • 長期的な販促効果が期待できる
  • 新規顧客の獲得につながる
  • SNSなどでバズる可能性がある


企業のイメージアップにつながる

おもしろいノベルティを気に入って使ってもらえれば、企業のイメージアップにつながります。

「おもしろい企業」「遊び心がある企業」と印象づけられ、企業を見る目に変化をもたらせるでしょう。

創造力や柔軟性がある企業だと興味を持ってもらえると、高い販促効果が期待でき、今後商品を販売するときにも注目してもらえるかもしれません。

ノベルティは、もの次第で企業のイメージを左右することもあります。

おもしろいノベルティは、企業の新しい一面をアピールする最適な方法です。

新しく企業のイメージアップを図りたい場合は、おもしろいノベルティを配布して「今までと違う」「他社と違う」と思わせるのをおすすめします。

企業の認知度アップにつながる

おもしろいノベルティには、企業の認知度をアップさせる効果があります。

強いインパクトを与えられるおもしろいノベルティは、一目で見て興味を引き寄せられるのがメリットです。

無関心だった人も興味を持ってくれれば、「こんな企業あるんだ」「おもしろい企業」だと認知してもらえるでしょう。

企業を認知してもらうことは、商品を販売したり、サービスを提供したりする上で必要不可欠です。

次のビジネスチャンスに活かすためにも、おもしろいノベルティを配布して企業の認知度アップにつなげましょう。

長期的な販促効果が期待できる

おもしろいノベルティには、長期的な販促効果が期待できます。

受け取った側に「おもしろい」と興味を持ってもらえれば、長く愛用してもらえるはずです。

ノベルティは、長く愛用してもらえてこそ最大限効果を発揮できます。愛用してもらえると、ノベルティに名入れした社名や商品名を目にする機会が増え、企業を身近な存在として感じてもらえるでしょう。

身近に感じてもらうことで企業に対して信頼感が芽生え、次のビジネスチャンスにつながります。

長く愛用してもらえるように、ターゲットのニーズに合ったおもしろいノベルティを制作しましょう。

新規顧客の獲得につながる

新しい顧客を開拓したい場合にも、おもしろいノベルティの配布は有効的です。

無関心の人に興味を持ってもらうには、強いインパクトが必要です。

一目で見てインパクトのあるおもしろいノベルティであれば、興味がない人も興味を示してもらえる可能性があります。

受け取った側に「遊び心があっておもしろい企業」と印象付けられれば、気になる企業として存在を認知してもらえるでしょう。

新しい顧客を獲得するには、つかみが大切です。おもしろいノベルティを配布して、新しい顧客の関心を引き寄せるきっかけにしましょう。

SNSなどでバズる可能性がある

おもしろいノベルティは、SNSでバズる可能性もあります。

人に自慢したくなるようなおもしろいノベルティなら、受け取った側がSNSで発信してくれるかもしれません。

SNSの普及により、今や個人が広告塔の役割を果たせる時代です。個人ひとりの投稿が大きな反響を呼ぶことも大いにあります。

ノベルティを気に入ってSNSに投稿して拡散されれば、想像以上の販促効果をもたらします。
コストをかけずに販促効果を得られる可能性もあるため、SNSは上手く活用しましょう。

ノベルティ制作では、SNSでバズるように「話題性」を意識して制作するのもおすすめです。

おもしろいノベルティの事例を紹介

おもしろいノベルティを制作するときの参考として事例をご紹介します。

株式会社colors様

提供商品:マスク

目的:11周年アニバーサリー

業種:アパレル

11周年記念を迎え、アニバーサリーグッズとしてプロモーションカード付きマスクを制作しました。

ただマスクを配布すると味気ない印象を与えがちですが、プロモーションカードを添えることで「おもしろい!」と感じてもらえます。

プロモーションカードはインパクトを与えるだけでなく、ECサイトへ誘導し売上アップにつなげる狙いもあります。

配布して終わりではなく、次のビジネスにつなげられるのがプロモーションカードを活用するメリットです。

詳しい事例はこちらからご覧ください。

おもしろいノベルティで企業を印象づけよう!

この記事では、もらって嬉しいおもしろいノベルティをご紹介し、制作するポイントや効果について解説しました。

おもしろいノベルティは、一目で興味を惹きつけ、高い販促効果を得られます。

高い販促効果を得るには、おもしろさを追求しすぎてはいけません。

おもしろさを追求しすぎると、使い道に困り使ってもらえない可能性もあります。
反対に、ありきたりなものだと面白みに欠け、興味を持ってもらえないこともあるでしょう。

おもしろいノベルティを制作する際は、おもしろさと実用性のバランスを考えて取り組むのをおすすめします。

おもしろいノベルティ制作ならコシオカ産業

弊社・コシオカ産業はさまざまなノベルティを手掛けております。

もらって嬉しい!おもしろいノベルティを一緒に考えてみませんか?

弊社は、選りすぐりのデザイン事務所やプロモーション会社、ブランディング会社と提携し、お客様のニーズ・想いに合わせて最適な企画・デザインを提供しております。

また、商品企画からデザイン、設計、生産までを一貫して行っているのも弊社の強みの一つです。

お客様の気持ちに寄り添った提案を心がけております。

おもしろいノベルティ制作を考えられている方は、ぜひ一度ホームページからお問い合わせください。

\ノベルティの制作実績多数/