QRコード付きノベルティのメリットとは?活用シーンや事例も紹介

「QRコード付きノベルティのメリットや注意点は?」「具体的な活用シーンは?」と疑問を抱えていませんか?

QRコード付きノベルティの最大のメリットは、配布後の効果を測定できることです。

ノベルティは配布して終わりではありません。

配布後にどのような効果があったのか把握するのがとても大切です。

把握するためには、QRコードを活用したノベルティが最適な手法といえます。

この記事では、QRコード付きノベルティのメリットや注意点を解説します。

具体的な活用シーンや事例も紹介しているので、QRコード付きノベルティをお考えの方はぜひ参考にしてください。

QRコード付きノベルティのメリット3つ

QRコード付きノベルティのメリットは、以下3つです。

  • WEBページへ誘導し宣伝効果アップ
  • 多くの情報を提供し企業の認知度アップ
  • 効果測定し次の施策へつなげる


WEBページへ誘導し宣伝効果アップ

QRコード付きノベルティは、宣伝効果を高めるメリットがあります。

ノベルティにQRコードをつけることで、受け取る側が簡単にWEBサイトへアクセスでき、商品やサービスの情報を得られるのがポイントです。

お客様が商品やサービスをもっと知りたいと思ったとき、インターネットで調べる動作がわずらわしいと感じる方もいるでしょう。

調べるまでの過程が面倒で離脱しないようにするために、QRコード付きノベルティは最適な手法です。

QRコード付きノベルティなら、お客様が知りたいと思ったときに、すぐ情報を提供できます。

最も興味がある段階で商品やサービスを検討してもらえるため宣伝効果は抜群です。

多くの情報を提供し企業の認知度アップ

QRコード付きノベルティは、多くの情報を提供できるため企業の認知度アップにつながります。

紙面で配布するチラシやパンフレットなどは、お客様にアピールしたい情報が詰まっていますが、提供できる情報量は限られています。

チラシでも興味があれば読みますが、知りたいと思っていないお客様にとっては、いらないと感じる方もいるでしょう。

QRコード付きノベルティでは、興味のある人だけに情報を提供できるため、興味がない人に不快な思いをさせません。

興味がある人にはQRコードを読み取ってもらえれば、紙面では伝えきれない情報を多く提供できます。

QRコード付きノベルティは、多くの情報を提供することにより企業を深く知ってもらえるため、認知度アップの効果が期待できるでしょう。

効果測定し次の施策へつなげる

QRコード付きノベルティは、配布後の効果を測定できるメリットがあります。

ノベルティは配布して終わりになってしまいがちですが、配布後に受け取った側がどういう反応をしたのかを把握することが、次の施策を考える上でとても重要です。

QRコード付きノベルティは、QRコードを読み取ってもらうことで、お客様の地域や性別、年齢層を把握できます。

どのようなお客様に興味を持ってもらえたのか把握できれば、次の施策へつながり、効果的な戦略をうてるでしょう。

ノベルティを配布して終わりではなく、配布後に効果を測定して次のビジネスチャンスへつなげましょう。

\QRコード付きノベルティ制作なら/

QRコード付きノベルティの注意点4つ

失敗しないノベルティ制作のポイント!失敗例や制作会社の決め方を解説QRコード付きノベルティの注意点は、以下4つです。

  • 小さすぎるQRコード
  • QRコードのまわりの余白を作る
  • QRコードの色が薄い
  • 凹凸のある面にQRコードは不可


小さすぎるQRコード

QRコードは、約15ミリ以上のサイズが推奨されています。
デザイン性を重視することで、QRコードを小さくしすぎてしまうと読み取れない場合があるため注意が必要です。
QRコードのメリットを享受するためには、大きさをしっかり守って制作しましょう。

QRコードのまわりに余白を作る

QRコードの周りには余白があります。
余白は読み取りに必要な部分のため、切り取らないように注意しましょう。
余白を切り取ってしまうと、正しく読み取りがされない可能性があります。

QRコードの色が薄い

QRコード規格では、白黒が推奨されています。
QRコードは濃淡で識別するため、違いがはっきりしたコードの方が読み取りの成功率が上がります。
濃淡がはっきりしたカラーであれば白黒以外でも読み取れますが、薄い色だと読み取れないので注意しましょう。

凹凸のある面にQRコードは不可

QRコードは凹凸のある素材やタンブラーのような曲面に印刷すると、上手く読み取れません。
QRコード自体がゆがんだり、へこんだりして認識されないためです。
QRコードは凹凸のないフラットな面に印刷しましょう。

QRコード付きノベルティの活用シーン

QRコード付きノベルティの活用シーンを3つご紹介します。

  • 展示会やイベントで配布する
  • 店頭キャンペーンで配布する
  • 営業活動で配布する


展示会やイベントで配布する

QRコード付きノベルティは、展示会やイベントで配布すると効果的です。

展示会やイベントの参加者に必要な情報を提供でき、参加者にアクションを促すきっかけとなります。

たとえば、QRコードをスキャンすることで商品のカタログや詳細情報へアクセスできたり、キャンペーンに参加できる特典を取得できたり、使い方は多岐にわたります。

QRコードを上手く活用すれば、参加者の興味を引き寄せ、想像以上の反響が得られるでしょう。

QRコードとノベルティのセットであれば、参加者に受け取ってもらいやすく、ノベルティの効果も十分発揮できます。

店頭キャンペーンで配布する

QRコード付きノベルティは、店頭キャンペーンにも活用できます。

QRコードをスキャンすれば、特別な特典が得られたり、クーポンを取得できたり工夫すると、店頭キャンペーンも盛り上がるでしょう。

QRコード付きノベルティは、店頭キャンペーンにおいて、参加者と効果的なコミュニケーションを取る手段として最適です。

営業活動で配布する

QRコード付きノベルティは、新規先や既得意先の営業活動においても活用できます。

新規先でQRコード付きノベルティを配布すれば、インパクトがあり強い印象を残せるでしょう。

話題性もあるため会話に困ったときにも役立ちます。

既得意先に対しても「おもしろい」と改めて興味を持ってもらえるきっかけになるでしょう。

QRコードから会社情報や商品カタログにアクセスできるようにしておけば、何らかのビジネスにつながる可能性もあります。

ビジネスチャンスにつながる施策として、QRコード付きノベルティの活用はおすすめです。

QRコード付きプロモーションカードを使ったノベルティ事例

成田市農業協同組合様

提供商品:プロモーションカード付マスク

目的:金融ローンの申し込み、WEBサイトへの誘導

業種:農業協同組合

来店したお客様向けに、プロモーションカード付マスクを制作しました。
年金口座へ流入施策でお悩みでしたが、QRコード付きプロモーションカードを配布することで、サービスサイトへ誘導できる魅力を気に入っていただけました。
ノベルティとプロモーションカード付で配布すれば、チラシとは違って必ず受け取ってもらえるのがメリットです。

QRコード付きノベルティで効果測定し次の施策へつなげよう

この記事では、QRコード付きノベルティのメリットや注意点を解説し、具体的な活用シーンや事例をご紹介しました。

QRコード付きノベルティは、配布後の効果を測定し次の施策へつなげられるのが最大のメリットです。

受け取る側にとっても、主体的に多くの情報を得られ、満足度が高い傾向にあります。

インパクトがあり話題性もあるQRコード付きノベルティの活用は多岐にわたります。

ぜひ一度、自社の戦略にQRコード付きノベルティの活用を考えてみてはいかがでしょうか。

QRコード付きノベルティは、効果的なマーケティングツールとして役立つでしょう。

QRコード付きノベルティ制作ならコシオカ産業

弊社・コシオカ産業はさまざまな企業ノベルティを手掛けております。

弊社は、選りすぐりのデザイン事務所やプロモーション会社、ブランディング会社と提携し、お客様のニーズ・想いに合わせて最適な企画・デザインを提供しております。

また、商品企画からデザイン、設計、生産までを一貫して行っているのも弊社の強みの一つです。

お客様の気持ちに寄り添った提案を心がけております。

企業ノベルティの制作を考えられている方は、ぜひ一度ホームページからお問い合わせください。

\ノベルティの制作実績多数!/