効果的に予算消化するには?おすすめの方法やポイントについて解説

「効果的に予算消化するにはどうしたらいい?」「予算消化のポイントは?」と疑問を抱えていませんか?

予算は余ったからといって、闇雲に使っていいというわけではありません。

来期以降に会社の利益につながるような、効果的な予算消化を行う必要があります。

この記事では、予算消化のポイントやおすすめの予算消化方法について解説します。

予算消化でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

予算消化とは?

予算消化とは、年度末や期末までに余っている予算をすべて使い切ることです。

予算を未消化のままにしてしまうと、「予算が多すぎた」または「予算を使って適切な施策を打っていない」と判断されてしまいます。

そうなると、翌年度の予算が減額になる恐れや部署全体、もしくは管理者の評価が下がる可能性があり、対策を考えなければいけません。

ただ予算を使えばいいわけではありませんが、予算を使い切らなければ翌年度以降の動きに大きく影響するため、効果的な予算消化を行う必要があります。

\予算消化でノベルティ制作なら/

予算消化を行う3つのポイント

予算消化を行うポイントは、以下3つです。

  • 予算の余りをしっかり確認する
  • 支払い・納品は期末まで済ませる
  • 来期以降に役立つものを検討する

予算の余りをしっかり確認する

予算消化を行うときは、予算がどれくらい残っているのかしっかり確認しましょう。

把握しないまま、予算以上の金額を使ってしまうと大きな問題となります。

間違えたからといって、あとから訂正できるものではありません。

事を決める前に、予算消化する金額はどれくらいなのか慎重に確認して、予算消化に動きましょう。

支払い・納期は期末までに済ませる

今年度内に予算消化をしたい場合、支払いと納品は期末までに済ませましょう。

支払いだけ期末までにすればいいのではなく、納品日が期末内であるかどうかが経理処理上では重視されます。

納品日が翌年度になってしまうと、経理上、翌年度の予算として計上することになるため注意が必要です。

年度末は、配送が混み合う場合もあり、納期までのスケジュールはあらかじめ余裕をもって行動するのがいいでしょう。

来期以降に役立つものを検討する

予算消化を行う場合、来期以降に役立つものにお金を使いましょう。

たとえば、会社の宣伝や社員教育など、今期で終わるものではなく、来期にもつながるものにするといいでしょう。

予算を消化したいからといって、やみくもに使えばいいというわけではありません。

余った予算を来期に活かせるようなものにすれば、会社に大きく貢献できます。

主な予算消化方法をご紹介

主な予算消化方法は、以下4つです。

  • ノベルティ制作
  • 名刺の作成
  • 宣伝広告
  • 販促物の刷り直し

ノベルティ制作

予算消化の定番方法として、ノベルティ制作があります。

ノベルティは、企業の認知度やイメージをアップさせる効果があります。

予算消化としてノベルティを制作すれば、企業の宣伝効果を高め、来期以降に活かせる施策となるためおすすめです。

ノベルティには、さまざまな種類があるため、制作するときは予算を確認した上で、アイテムや個数を検討するといいでしょう。

名刺の作成

予算消化のため、名刺を作成するのもおすすめです。

名刺は、営業活動において必須アイテムであり、名刺次第では営業マンの武器にもなり得ます。

印象に残る名刺を持っていれば、名刺交換したときに会話の糸口となり、ビジネスにつながる可能性もあるでしょう。

名刺の作成は、営業力を強化でき、会社の業績アップに大きく寄与できる効率のいい予算消化方法です。

宣伝広告

予算消化のため、広告を出稿して宣伝する方法があります。

たとえば、雑誌や新聞、ショッピングモールなど広告の出稿先はさまざまです。

出稿先によって費用が大きく異なるため、消化したい予算をしっかり把握した上で検討するといいでしょう。

クリスマスやお正月など、イベントがあるシーズンは消費が伸びやすいため、イベント前に広告を出稿するとより宣伝効果を高められます。

販促物の刷り直し

予算消化方法として、ポスターやチラシなどの販促物を刷り直す方法もあります。

ポスターやチラシなどは、年月が経つと掲載情報が古くなったり、色あせたりして販促効果が薄れてしまいます。

販促物を刷新する場合は、時代に合ったデザインにするのが大切です。

時代にそぐわないデザインは、訴求力が低く、高い販促効果を得られません。

時代に合ったデザインで販促物を刷新すれば、販促効果も高まり、予算も消化できて一石二鳥といえるでしょう。

予算消化で1番のおすすめはノベルティ制作

主な予算消化方法をご紹介しましたが、中でも1番のおすすめはノベルティ制作です。

ノベルティ制作は、低コストで高パフォーマンスが期待できる宣伝方法です。

宣伝方法として雑誌や新聞、テレビ広告などがありますが、比較的宣伝費用が高く、年度末の限られた予算の中で行うにはハードルが高いでしょう。

それに比べ、ノベルティ制作はさまざまな種類があり、限られた予算内で制作が可能なところが魅力的です。

また、無償でグッズを配布するため、相手に喜ばれ顧客満足度が高くなる効果もあります。

ノベルティ制作は、来期以降の会社の利益につながる効果的な予算方法としておすすめです。

予算消化でおすすめのノベルティ3選

予算消化でおすすめのノベルティ3選をご紹介します。

  • トートバッグ
  • 文房具
  • カレンダー

トートバッグ

実用的で幅広い層に喜ばれるトートバッグは、ノベルティの定番人気です。

企業らしさをデザインに施せば、使うたびに企業を身近に感じられ、自然と信頼感が生まれます。

信頼感が生まれれば、商品の購入やサービスの利用につながりやすく、販促効果として高い結果をもたらします。

企業らしさとセンスの良さをアピールしたデザインにするとより相手に喜ばれるでしょう。

文房具

プライベートでもビジネスでも使える文房具は、根強い人気があります。

ボールペンやノート、ふせんメモなど種類はさまざまです。

ノベルティの効果を最大限発揮させるために、配布する相手のニーズを考えた上で、アイテムを絞り込むといいでしょう。

カレンダー

新年度からカレンダーを新調する企業が多いため、カレンダーもおすすめです。

名入れをしたカレンダーを配布すれば、毎日のように目にする機会があり、企業の認知度やイメージアップにつながります。

新年度入りの挨拶回りにも使えるため、営業ツールとして大活躍するでしょう。

来期につながる効果的な予算消化を検討しよう

この記事では、予算消化のポイントや効果的な予算消化方法についてご紹介しました。

予算消化は、翌年度以降の動きに大きく影響がでるため、行うべきものです。

ただし、闇雲に余った予算を使っていいわけではありません。

来期以降につながるものに余った予算を使えば、会社にも貢献でき、予算も消化できて一石二鳥です。

消化する予算をしっかり確認し、支払日や納品日に注意した上で、効果的な予算消化を行いましょう。

予算消化でノベルティ制作をお考えならコシオカ産業

弊社・コシオカ産業はさまざまなノベルティを手掛けております。

弊社は、選りすぐりのデザイン事務所やプロモーション会社、ブランディング会社と提携し、お客様のニーズ・想いに合わせて最適な企画・デザインを提供しております。

また、商品企画からデザイン、設計、生産までを一貫して行っているのも弊社の強みの一つです。

お客様の気持ちに寄り添った提案を心がけておりますので、初めてのノベルティ制作の方でも大丈夫です。

ノベルティを制作する過程で、法律の知識も共有しながらサポートいたします。

ノベルティグッズの制作を考えている方は、ぜひ一度ホームページからお問い合わせください。

\ノベルティの制作実績多数!/