プロモーション戦略は3C分析から5C分析へ!基礎知識を徹底解説

本記事は、ノベルティ制作会社「コシオカ産業株式会社 MONOCOTO Design Lab事業部」が執筆しております。

「5C分析って何?」「プロモーション戦略でなぜ5C分析が重要なの?」と疑問を抱えていませんか?

5C分析は、多角的な視点から分析するマーケティング手法です。

以前までは3C分析が主流でしたが、デジタル化に伴い5C分析が重要視されています。

5C分析は、より精度の高いマーケティング戦略が確立できるため、ビジネスを成功へ導くには必要不可欠です。

本記事では、5C分析の基礎知識について徹底解説します。

5C分析について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

3C分析とは?

3C分析とは、「顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3つの要素から市場環境を分析するフレームワークです。

市場や顧客ニーズを知り、競合他社のシェアや評価を分析、自社の強みや課題などを洗い出します。

成功への必須要因である「KSF(Key Success Factor:重要成功要因)」の把握ができ、事業計画やマーケティング戦略を決定するときに用いられます。

5C分析とは?

5C分析とは「顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」「中間顧客(Customer)」「地域(Community)」という5つの要素から分析するマーケティング手法です。

ビジネスによっては、“C”として用いられる要素が異なる場合もあります。

「中間顧客( Customer)」や「競合( Competitor)」の代わりに、「社会背景(Context)」や「協力者(Collaborator)」という要素で分析されることもあり、ビジネスによって要素を使い分けるといいでしょう。

3C分析と5C分析の違い

3C分析と5C分析の違いは、以下の通り構成される要素の数の違いです。

【3C分析】

  • 顧客(Customer)
  • 競合(Competitor)
  • 自社(Company)

【5C分析】

  • 顧客(Customer)
  • 競合(Competitor)
  • 自社(Company)
  • 中間顧客(Customer)
  • 地域(Community)

デジタル化が進んだ現代では、他社のサービスを提供したり、個人間で行われる取引をサポートしたりするサービスが誕生しました。

そのため、3C分析の3つの要素だけでは分析し切れず、2つの要素を足した5C分析が主流となりつつあります。

5C分析は、3C分析よりは労力がかかりますが、より細かく分析をすることができ、精度の高い施策を考えられます。

\プロモーションでノベルティ制作をお考えなら/

5C分析が重要視される3つの理由

では、なぜ5C分析が重要視されるのでしょうか?

重要視される理由は、以下3つです。

  • 【重視される理由①】KFS(重要成功要因)を明確にできる
  • 【重視される理由②】失敗するリスクが減る
  • 【重視される理由③】多角的な視点で分析できる

【重視される理由①】KFS⁽重要成功要因⁾を明確にできる

5C分析を行うことで、KFS⁽重要成功要因⁾を明確にできます。

KFS⁽Key Success Factor:重要成功要因⁾とは、ビジネスを成功させるためにカギとなる要因のことです。

成功要因を明確にすれば、適切なマーケティング戦略を立てられ、ビジネスを成功へと導いてくれます。

適切なマーケティング戦略を打ち出したあとは、定期的に結果を評価し、改善を繰り返すのが大切です。

戦略の評価と改善を繰り返すことで、より精度が高められ収益につなげられるでしょう。

【重視される理由②】失敗するリスクが減る

5C分析をすることで、施策が失敗するリスクを軽減できます。

自社の内部環境や外部環境をしっかり分析できれば、少ない資源と労力で成功率の高い戦略が立てられます。

5C分析から今後想定されるリスクを予測し、事前に対策が打てるため、万が一問題が発生した場合でも最小限にダメージを抑えられるでしょう。

【重視される理由③】多角的な視点で分析できる

5C分析は、多角的な視点で分析できるメリットがあります。

多角的な視点が、デジタル化が進んだ現代のマーケティング環境に適しているため重要視されています。

以前までは3C分析が主流でしたが、マーケット環境の変化から今では5C分析が主流です。

5C分析で多角的な視点から分析を行えば、より精度の高いマーケティング戦略が可能となります。

5C分析における5つの要素

5C分析における要素は、以下5つです。

  • 【要素①】Consumer(消費者)
  • 【要素②】Competitor(競合他社)
  • 【要素③】Company(自社)
  • 【要素④】Customer(中間顧客)
  • 【要素⑤】Community(地域)

【要素①】Consumer(消費者)

自社の商品やサービスを利用する消費者を分析します。

マーケティングを行う上で、消費者を理解することが最も重要です。

5C分析で消費者を分析するとき、「質的理解」と「量的理解」の2つを分析します。

質的理解とは、消費者の深層心理について理解することで、消費者が自社の商品やサービスを選んだ理由を分析していきます。

量的理解とは、消費者の性別・年齢・家族構成などについて理解することです。

自社の商品やサービスは、どのような人に選ばれているのかを分析します。

消費者が「何を求めているのか」「どんなことに困っているのか」など、消費者の価値観を把握できれば、心に刺さる商品やサービスを生み出せるでしょう。

【要素②】Competitor(競合他社)

5C分析では、競合となる他社について詳しく分析します。

市場シェア、企業の規模、売上高、競合が提供する商品の強みや弱みなど、あらゆる要素から比較しましょう。

比較することで、自社に足りない要素が明確になり、自社の商品やサービスがより一層良いものになるヒントとなります。

同業の競合他社について分析するのはもちろんですが、そこから紐づく業界についても幅広い範囲で分析するのがポイントです。

たとえば、コンビニの場合、競合は同じコンビニだけではありません。

いろいろなものが販売されていて便利という点ではスーパーやドラックストアも競合にあたります。

また、朝昼夜のご飯を買えるという点では、お弁当屋さんやファーストフード店なども競合にあたるため、理解も深める必要があります。

【要素③】Company(自社)

自社の現状をしっかり分析するのが大切です。

自社の方向性、市場での立ち位置、売上、人的資源など内部環境を徹底的に分析しましょう。

分析から自社の強みや弱みを把握することで、最適なマーケティング施策を立てられます。

ただし、分析するときは、企業側の視点だけに偏らないようにしましょう。

あらゆる視点から自社を分析することで、より実現性の高いマーケティング戦略を立てられます。

【要素④】Customer(中間顧客)

中間顧客とは、自社の商品やサービスが消費者に届くまでの間に入っている販売代理店や流通などのことです。

中間顧客は、市場価値を取り合うライバルであり、共に協力し合うパートナーでもあります。

商品の売れ行きに大きな影響がある中間顧客については、競合他社や自社を分析するのと同じように徹底的な分析が必要です。

1つ1つの企業の分析だけでなく、業界全体の特徴についても分析すると、全体像が把握でき、マーケティング戦略に大きく活かせます。

【要素⑤】Community(地域)

地域とは、ビジネスに影響を与える社会的な変化、法規制、人口変動、世論、景気などの外部要因のことです。

自社でコントロールできない要因ですが、自社に影響を与える要因の変化に注視し、見通しを予測しておくと不測の事態にも対処しやすくなります。

外部要因の分析には、PEST分析が活用されることもあります。

PEST分析とは、外部要因を政治(Politics)・経済(Economy)・Society(社会)・技術(Technology)から分析する手法です。

必要に応じて取り入れましょう。

5C分析の手順

5C分析は、以下のような順番で分析しましょう。

  1. Consumer(消費者)
  2. Competitor(競合他社)
  3. Company(自社)
  4. Customer(中間顧客)
  5. Community(地域)

まず、消費者の分析を行い、量的理解・質的理解を深めましょう。

消費者の理解を深めたら、次は競合の分析です。

競合他社の動向を把握し、どのように商品やサービスを利用してもらえるのか分析しましょう。

競合の分析をしたら、次は自社分析です。

あらゆる側面から分析し、競合他社と比較することで、自社の強みを見出しましょう。

自社分析後は、中間顧客と地域について分析をします。

想定されるリスクをあらかじめ把握しておくと、不測の事態にも備えられ、リスクを最小限にできるでしょう。

5C分析を活用して効果的なプロモーションを確立しよう

この記事では、5C分析の基礎知識について解説しました。

5C分析は、ビジネスを成功に導くために必要な分析方法です。

多角的な視点から分析を行い、最適なマーケティング戦略を立て、効果的なプロモーションを確立しましょう。

効果的なプロモーションでノベルティ制作をお考えならコシオカ産業

弊社・コシオカ産業はさまざまなノベルティを手掛けております。

弊社は、選りすぐりのデザイン事務所やプロモーション会社、ブランディング会社と提携し、お客様のニーズ・想いに合わせて最適な企画・デザインを提供しております。

また、商品企画からデザイン、設計、生産までを一貫して行っているのも弊社の強みの一つです。

お客様の気持ちに寄り添った提案を心がけておりますので、初めてのノベルティ制作の方でも大丈夫です。

ノベルティグッズの制作を考えている方は、ぜひ一度ホームページからお問い合わせください。

\ノベルティの制作実績多数/