• HOME > 
  • ブログ

脈々と……

皆さん、こんにちは‼︎
今週は三寒四温…正に春そのものの感じでしたね。

また、今週は花粉が多かったようにも思います。
私も目・鼻が痒く、50肩と相まって、体調も愚図つき加減です。

皆様におかれましては、体調管理には ご留意を頂き、春の陽気をお楽しみ頂ければと思います。

さて………私事で恐縮ですが、
此の度 初孫を授かる事になりました。

喜ばしく嬉しい限りです。

しかし一方で先般、親族の法事がありました。

亡くなられた方…
また生まれてくる命……

悲喜こもごもではありますが、
このようにして、脈々と命は受け継がれて行くものなんだ…だから今を生きる私達は、先人に感謝をし、しっかりと次へとバトンを渡してあげなければならない……と改めて染み染みと感じた次第です。

これは企業も同じです。

私達の会社も半世紀を過ぎ、次の半世紀に向けて歩み出しています。

創業事業は残念ながら、その役割を終えようとしていますが、これまでに培った創業精神・モノづくりという原点……これらをベースにまた新たな事業が産声を上げ、漸く軌道に乗って来ました。

それにより、毎月の売上・利益・雇用…と拡大をし、次に繋がる人財の登用や環境改善・投資が可能になって来ました。

お家が脈々と受け継がれて行く為には、現代を生きる私達は多くの子孫をつくる必要があります。

1人より2人…2人より3人…とより多くの子どもに恵まれた方が、脈々と受け継がれて行く可能性が高いという事は言うまでも無い事でしょう。

ただ、お子さんは授かりものですし、現代においては可処分所得が低く、エンゲル係数も高いので、中々 思うようには行かないと思いますが………

企業に置き換えましても、1つの事業より、2つの事業…3つの事業…と、作っておいた方が脈々と受け継がれて行く可能性は高いのです。

これは大手企業を見れば歴然です。

加えて、リスク分散という観点からも、ドラッカーは

「経営は多角経営にあり」

と明言されています。

これもまた、お家事情と一緒で様々な経営資源の制約がある中で実行する訳ですから容易ではありません。

しかしながら、今を生きる私達は、それを成さなければならない責任と義務があります。

義務とは先人の人達に対して……
責任とは未だ見ぬ後世の人達に対して……………
です。

先人達が居たから私達が存在し、そして今を生きる私達はそれを後世へ繋げて行かなければならない……という事です。

私達の企業ビジョンは「100年企業への挑戦」です。

私は30歳の頃から 常にこれを念頭に歩んで来ました。

「どうすれば100年も続く企業になるのだろう」……今日まで こればかり考えて来たように思います。

「今のやり方でいいのだろうか?」
「今の事業でいいのだろうか?」

「どうすれば……どうすれば……?」

それを上位概念に置くと、大局的な観点から どんどんと湯水の如く課題が湧いて出て来ます。

そしてその課題を潰し込む過程の中でスタッフ達と共に事業転換にも成功しました。

私達の会社では今また次の事業……第2子をつくるべく スタッフ達が懸命に努力をしてくれています。

これも脈々と次に繋げて行く為には、現代に生きる私達が成さなければならないミッションです。

今は ある程度の数字は付いて来ましたが、まだ軌道に乗るところまでは至っていないのが現状です。

産みの苦しみというところでしょうか。

現体制において私は、後方部隊で、皆んなが前に進みやすい環境を経営資源と にらめっこしながら如何に作ってあげる事が出来るのか?が仕事だと思っています。

活動や業務の平準化、共有化、効率改善などなど、やらなくればならない事は山積しています。

これらは『如何にすれば この事業を成功させる事が出来るのか?』が念頭にある為……そして、次に繋げていく…その為には教えられる基準を作っておかなければならない…………

この原理原則がベースにあり、大局的に見ている為、浮かび上がる課題です。

今はまだまだ山登りの途中……この山を登った時、皆んなで絶景を見る事が出来るはずです。

その成長スピードのポイントは、上述でもお分かりのように、事業に関わる全ての人達が
【如何にすれば、この事業を成す事が出来るのか?】………
この上位概念をまず持つ事だろうと考えます。

そして、活動や業務のマニュアル化を図り、都度、それをブラシュアップして行く事……これに尽きます。

目先の活動や業務、顧客案件の処理……大事な事です……しかし、それに振り回されていたのでは大局を見誤り、効率が悪く、山を彷徨う結果になる事が しばしばあります。

『大局的な観点を常に持ち』活動や義務や案件処理を行う……これにより事業としての課題が湯水の如く出てくるはずです。

それを潰し込んで行く事で事業としての道筋…成功が見えてくるのです。

子どもの誕生は概ね、十月十日……1年も2年も誕生しない事はありません。

新事業も2〜3年では概ね、道筋を作らなければなりません。

【大局的な観点から次へ次へ繋げて行く……】


この意識を皆んなが共有し、一丸となって突き進めば必ず成長スピードはあがるはずです。

リーダーに必要な5つの資質⁈

皆さん、こんにちは‼︎

今週は初夏を思わせるような暖かさでしたね。
ただ週末は また少し寒の戻りがあるようです。

暖かくなったあとの寒さは堪えますし、体調も崩し易いと思われます。

どうぞお身体にはご自愛くださいませ。

さて…話しは変わりますが、先般 雑誌を読んでいましたところ「リーダーに必要な5つの資質」という興味深い内容の記事がありました。

会社が成長するには社長も去る事ながら、各部門部署のチーム力が必要です。

そして、強い部門部署には必ず素晴らしいチームリーダーが居ます。

自戒も含め、皆さんにとりましても、何らかの参考になるのではないか?と思いますので、ご紹介させて頂きます。

【リーダーに必要な5つの資質】

① 自己演出力
仕事は大抵 誰かと一緒にするものです。
従って第一印象や自分の打ち出し方が上手く出来ないと損をすることになります。

人の印象・イメージを決めるのは4点だと言います。
1. 表情
2. 服装・身なり
3. ヘアメイク・メガネ
4. 立ち居振る舞い・しぐさ

これらは理論や理屈では無く、人の心理に関わる部分……いわゆる生理的な部分だそうで、ここで嫌悪感をもたれてしまうと、円滑なコミュニケーションは取れないと言われています。

因みに、アメリカ心理学者が提唱した「メラビアンの法則」によると、人がコミュニケーションで重要視する割合は「見た目・表情・しぐさ・視線」などの視覚情報が55%……「声のトーン・話す速度・大きさ・口調」などの聴覚情報が38%……あとの7%が「話しの内容」だそうです。

これらのデータからもリーダーは、身なり・立ち居振る舞いなど、自己演出力に磨きを掛けなければならないと言えます。

また、表情や雰囲気と言うのは内面から現れてくるものですので、常日頃の心構えも大事です。

日常、様々な事が起こるにせよ「いつも楽しそうですね」「ワクワクお仕事をされていますね」と、人から見られる…言われるような表情を保たなくてはならないと言います。

表情が暗くては相手に良い印象は与えません。

日頃からの心構え……そして日頃からの立ち居振る舞い……これらが「自己演出力」を向上させてくれるのです。

② 察知力(コミュニケーション力)
やはりビジネスを成功に導くには、相手との円滑なコミュニケーションが取れるか?否か?は重要です。

そして相手の誰と……?と言う察知能力も高くなければなりません。

では、どのようなコミュニケーションによって相手に良い印象を与えられるのでしょうか?

まずは、相手が皆さんに求めているものを気持ち良く受け止める事が何より重要だと言われています。

これは社内外 問わず言える事です。

相手が求めている事を、その場で察知出来るようにならないとコミュニケーション力は上がっていきません。

「気持ち良く受け止める」とは、他人事では無く、主体的に受け止めるという事です。

もう少し掘り下げて言えば、その人の為に惜しみ無く時間を費やしてあげる………これが一番の信頼関係を築く事に繋がります。

自分が忙しくても、相手の為に…部下の為に…その立ち居振る舞いは、必ず相手にも周りにも伝わるものです。

その結果、人望も厚くなり、コミュニケーションも取りやすくなっていくものなのです。

これは3つ目の「人間力」にも通じます。

③ 人間力
リーダーシップとは、「最大限のパフォーマンスをあげ、チームの目標達成が出来るように導く能力」です。

その為にも重要になってくるのは、人が寄ってくるリーダーとしての魅力を持たなくてはならないと言われています。

魅力的なリーダーの共通点として………

① 素直
② 謙虚
③ 包容
④ 責任感・使命感
⑤ 信念
⑥ 自己犠牲
⑦ 結果

……だそうです。

④ 向上力
今が最大では無く、常に1歩でも2歩でも向上する気持ちを忘れてはいけないと言われています。

その為には、居心地の悪い場所へ行く努力をする事だと言います。

例えば、日頃 居酒屋に行っているとしたなら、偶には高いレストランに行ってみる……ブティックに行ってみる……歌舞伎に行ってみる……一流企業の会合に参加する……など、簡単に言うと、今の自分より 上の人達・空間に飛び込んでみる事だと言います。

最初は居心地が悪くとも、その回数を重ね、周りの人達をみる事で、その場での立ち居振る舞いが身に付き、コンフォートゾーンがあがっていくそうです。

⑤ バランス力
仕事をしていく上で良い感性は重要です。
しかし全ての感性を兼ね備えている人は まず居ないのではないでしょうか?

その場合、今 自分に何が足りないのか?を認識する必要があります。

そしてその不足が分かれば、社内外にそれを求める………

人は一人で生きていく事も出来ませんし、仕事も成就する事はありません。

自分に足らないものを補いバランス力をあげるのです。

例えば、企業の場合、企画が弱いとなれば外部に委託をする事でしょう……しかもある一定の基準以上のところと…………

委託先が基準以下であれば補い……にはなりません。

これではバランスを欠くのです。

自分の足らないところ……これを社内外に求めある一定以上のパフォーマンスを発揮出来るようにする………これがバランス力です。

以上が「リーダーに必要な5つの力」です。

この中でも、最終的には【人間力】という事なんだろと思います。

リーダーには結果が求められます。

しかし、その結果は一人で成し得ることは出来ません。

チームの仲間…社外の仲間・パートナー……クライアント………………多くの協力を得て初めて皆んなが喜べる結果を得られるのです。

その為には『人望』……【人間力】が一番大事ではないでしょうか?

ドラッカー 5つの質問⁉︎

皆さん、こんにちは‼︎

今週は菜種梅雨とでも言うのでしょうか?
何日かシトシトと雨の降る日がありました。

しかし週末からは天気も良く、気温も上がるとの事ですので、桜もあちこちで開花しそうな感じです。

いよいよ春本番……短い春を楽しみましょう!


さて、話しは変わりますが、
今週も先週に引き続きドラッカーの話しをさせて頂きます。

マネジメントの父と呼ばれたピーター・F・ドラッカー………その哲学と理論は、今なお多くの企業成長を支えています。

何故でしょうか?

それは、シンプルな理論で且つ原理原則の考え方に基づいている為、あらゆる業種においても当てはまる哲学になっているからだと考えています。

そしてそれを実行している企業はどんな時代でも成長しているという事だと思います。

一方で「ドラッカーは難しい…」と言われる方も多くおられます。

それはドラッカーが難しいのでは無く、あなた自身の考えが難しくしている……こういう事なんだろうと思います。

組織やチームで事業を進める以上、組織には営業・購買・製造・出荷・経理・総務などなど、様々な部署があり…そこには様々な仕事があり、様々な責任があり、様々な役職があります。

部署や立場が違えば見えるものも違いますし、携わる仕事によっても見え方が違うと思います。

それは至極当然の事です。

しかし……様々な部署や立場・仕事の違いはあれど、全ての部署に関わる人達の目的はただ1つ…【顧客の創造】にあります。

様々な部署によって様々な仕事がある訳ですが、方向性は全て同じ方向を向いている……この認識が重要です。

如何にファンを創造する事が出来るのか?

どうすればお客様は満足してくれるのだろう?

どうすればお客様は喜んでくれるのだろう?


至って考える事はシンプルです。

どの部署であっても、どんな仕事であっても常に『喜ぶお客様の顔を想像して』その任に携わなければなりません。

例えば、製造……
安いからと言って形状の悪い商品をお客様は喜ぶでしょうか?
出荷の場合も、
梱包は雑で納期も曖昧…こんな事でお客様は喜ぶでしょうか?
営業にしても
何の意味合いも無く提案したとしたらお客様は喜ぶでしょうか?
しかも遅かったら喜びますか?

こんな考えは作業です。
仕事ではありません。

誰か1人でもこんな考えで仕事をしていたのでは【顧客の創造】を得られる事はありません。

【如何にしたらお客様に喜んでもらえるのか?】…………この概念の下に其々の部署やそれに携わる人達が仕事を遂行する事で「顧客の創造」を成し得る事が出来るのです。

上述の『あなた自身が難しくしている…』と言う事は、本来、私達の仕事は「お客様を如何に喜ばせるのか?」にあるのに、『自身の部署だけ……又は自分の事だけ……又は目先の仕事の処理だけ』……………こんな考えに終始している為、難しくしているのです。

事業には様々な部署や人が関わり合います。

働く人同士の主語が【私】であっては、お互いの考えが交わる事はありません。

属人化し、烏合の集になるのがオチです。

ではどうすれば良いのでしょう?

上述のように様々な部署や人達がいても、事業を通しての共通目的は「お客様に喜んで頂く→顧客の創造」です。

従って主語を【私達】にする事です。

そうすれば組織全体に立って考えざるを得ません。

仮に何かミスがあった場合、「私」と言う考えなら、他人事や批判が出るかもしれません。

しかし、「私達」と言う考えになれば、そのミスは自分の事という捉え方になり、
【どうすれば、そのミスを防ぎ、お客様に喜んで頂く事が出来るのか?】
【どうすれば、もっと早く間違い無く営業提案、製造、出荷が出来、お客様に喜んで頂く事が出来るのか?】………
と考えが及ぶようになり、気持ちの良い建設的な意見交換が出来るようになります。

このような考えの接点が生まれると、初めて「私達」の考えを創り出す事が出来、各部署・各人・各仕事における協力関係が構築出来るのです。

そしてそれが組織としての「顧客の創造」へと繋がって行く訳です。

上記を踏まえ【ドラッカーの5つ質問】には私達が組織として原理原則論で話合わなければならない5つが記されています。

① われわれの使命は何か?
② われわれの顧客は誰か?
③ 顧客の価値は何か?
④ われわれの成果は何か?
⑤ われわれの計画は何か?

この「5の質問」は、『喜ぶ人を増やす為に必要な事』が質問形式で纏められているもので、その主語は全て【われわれ】になっています。

最後にドラッカーはこのように言っています。

『これら5つの質問を真摯に答えて行くならば、必ずや各位のスキルとコミットを深化させる……或いは向上させて行くはずである。ビジョンを高め、自分達の手で未来を切り開いて行く事を可能にするはずだ。
貴方と貴方の部下の為に、貴方と部下がこれら5つの質問に取組まれ、未来を築いて行かれる事を心から願っています』

by ピーター・F・ドラッカー