• HOME > 
  • ブログ

伝え方9割 ⁉︎

皆さん、こんにちは‼︎

9月に入って随分と朝晩が涼しくなって来ました。
今年は幾分か、秋の到来も早そうです。
この気候ならまた、そろそろゴルフにでも行ってみようかな……と思ってしまいます。

秋と言えば「読書の秋」もありますね。

先般、最近、巷で噂になっているベストセラー「伝え方が9割」という本を目にしました。
著者は佐々木圭一さん。
博報堂でコピーライターを経験し独立。

しかし学生時代は、人と話す事が大の苦手で唯一の友達はファミコン……

博報堂に就職が決まったものの、最も苦手なコピーライターに配属され、センスのないキャッチコピーを作り続け、先輩からは
「最もエコでないコピーライター」
と揶揄される始末……

ある日、突然、
「コトバには法則があるのではないか?」との仮説を持ち、それを研究・追求する事で独自の伝え方を発見……

法則によって作られるコトバは裏付けがあり、世間への共感を呼び、時代の寵児となる……
こんなプロフィールの方です。

「人に伝える」……私自身も、これには随分と悩み、模索し、常に「どのようにすれば考えや思いが伝わるのだろう?」…と何十年も日々葛藤しています。
特に仕事をする上で「人に如何に伝えるのか?」は永遠のテーマであると考えています。
そんな課題である「伝え方」について1つのヒントになるのではないか?と思いご紹介させて頂きます。

7つの心理活用
① 相手が好きな事に焦点を当てる
② 相手が嫌いな事を回避してあげる
③ 自由な選択肢を与えてあげる
④ 認めている部分を強調する
⑤ 特別感を与えてあげる
⑥ 率先垂範を示す
⑦ 感謝の気持ちを示す

このような心理を上手く使う事で
「NOの気持ちや返事をYESに変える確率」は、断然にあがり、良好な人間関係が築けると言われています。

例えば①の場合、
相手(お客様、先輩、同僚、部下なと)が、日本酒が好きだったとします。
その時の誘い方(伝え方)として…………
a. 今日、仕事が終わったら飲みに行きませんか?
b. この間、珍しい日本酒を置いている店を見つけたのですが、飲みに行きませんか?

この場合、bの伝え方の方が、より確率が高まると言う訳です。

元より飲みに行く事が目的では無く、
人間関係を構築する……
コミュニケーションを図る……
と言う事が目的です。

その為の手段として「飲みにケーション」と言う訳です。

その手段を実現する為には上手く心理を活用して伝えた方が確率が高まるのです。
また、この場合、「相手が好きな事や趣味」もリサーチしておかなければなりません。
ゴルフや釣り……この論法を理解すれば活用する事が出来ますよね。

また、チームワークを構築する為に、特に上司の方々は、⑥の活用をお薦めします。

⑥の場合、例えば、部下に負荷した仕事をお願いする時…………
a. ○○さん!これやってくれる?
b. ○○さん!急ぎの仕事で申し訳ないけど、私はこの部分をやるから、○○さんはこの部分を手伝ってくれない?

このように自ら率先垂範を示す事を相手に伝え協調をしてもらう……これがチームワーク作りには重要です。
自分は自分の仕事だけをして、負荷した部分や部下の仕事には無関心……ではチームとしては成り立ちません。
まずは上司が率先垂範を示し、そのコトバを伝え、部下に協調してもらい、そして鼓舞する………このようなコミュニケーションを取る事で全員が気持ち良く仕事に従事する事が出来るのです。


そうすれば知らず知らずの内に、その部門部署の業績も上向くに違いありません。
人は思っていても、口下手や照れや素直になれなくて、中々上手く相手に伝える事が出来ない部分もあります。
しかし、周りへの思いも薄く、自分の見地から物事を勝手に伝えていたのでは良好な人間関係を築けるはずはないのです。

仕事も人生も人との関わり合いを持たずして暮らして行く事は出来ません。
であれば、まずは自ら相手の事を考え、率先垂範して、上記の「伝え方」を参考にされては如何でしょう。

ペットトーク⁈

皆さん、こんにちは‼︎
残暑厳しいとはいえ、朝晩は一時に比べて過し易くなって来たのではないでしょうか?

今日から早くも9月………日中の厳しい暑さももう少しの我慢ですね。

さて、話しは変わりますが、「ペットトーク」と言う言葉をご存知でしょうか?

ペットトークとは、
元来、スポーツの試合前、監督やコーチ、キャプテンなどが、選手が本番で最高のパフォーマンスを発揮する為に行うショートスピーチの事です。

アメリカでは人を励ます事が当たり前に行われており、ショートスピーチは浸透しているのが現状です。

一方日本では、励まし方があまり上手ではなく、どうやって部下や社員を励ましたらいいのか分からない……という経営者や管理者が多いのが実情です。

変化の激しい時代……利己主義傾向……また、ゆとり世代の社会進出……このような時代の流れから、「ペットトーク」が注目を浴び、モチベーションアップに役立てようとする動きが盛んになって来ています。

先般、この「ペットトーク」についての記事を目にしましたので、ご参考までにご紹介します。

【ペットトーク5つのルールと4つのステップ】

《5つのルール》

① ポジティブな言葉を使う
ミスするな!契約を落とすな!などのネガテイブな言い方は萎縮してしまいます。

② 短い言葉を使う
長々と話すのではなく、出来るだけ短い言葉で相手に刺さる言葉が効果的です。

③ 分かりやすい言葉を使う
難しい言葉や横文字ではなく、誰でも理解出来る分かりやすい言葉を使うのがペットトークのルールとなっています。

④ 一番言って欲しい言葉を使う
上司目線で伝えるより、相手目線に合わせて言葉をチョイスするようににしてください。

⑤ 相手の心に火をつける本気の関わりで対峙する
「本当に成功して欲しい」「本当に良くなって欲しい」「変わって欲しい」という本気の気持ちを持って対峙しましょう。

《4つのステップ》

⑴ 受容……事実の受け入れ
緊張や不安に包まれる事が多い仕事。
相手の感情、状況を受け入れてあげる。
「緊張するよね。私も若い時はそうだった」
「最初から仕事が出来る人はいないよ」

⑵ 承認……捉え方変換
発想を変え、あるものに目を向け、気づきを与え、やる気に火をつける。
「緊張するのは当たり前、本気の証拠だよ」
「俺達には絶対に勝つというチームワークがある」

(3) 行動……して欲しい変換
行動の指示は「して欲しくない事」から「しよう」に変換し、相手に成功をイメージさせる。
「ミスするな」→「ベストを尽くそう」
「失敗をするな」→「活動をしよう」

⑷ 激励……背中のひと推し
最後に熱い言葉や優しい言葉で相手の背中を押してあげる。
「さぁ、行って来い」
「一人じゃない、皆んながついている」

以上のように、4つのステップには受容→承認→行動→激励があります。

これらルールやステップ……については上司や上位概念を持ち合わせている人が、部下や同僚に行うヤル気スイッチです。

しかし、このペットトークは冒頭お話ししましたように、試合前の励まし………という事でした。

従って、部下や社員達も最低限のルールとして、試合に臨む気持ちだけは持ち得て置かなくてはなりません。

「試合に出たくないな……」「どうせ俺は補欠だから……」などのネガテイブ発想を抱いていたのでは、幾ら上司がペットトークをしても気持ちの昂りが起こる事はありません。

現代の仕事事情で言うと、今まで行っていた業務の変更や見直し、業務精度の改善、スピードアップ、職種の変更や2つ以上の職種を受け持つ多機能工は、当たり前になっています。
はたまた大きくは事業転換という事もある時代です。

それらに対し臨機応変、柔軟な姿勢で臨む事はしなくてはなりません。

「○○だから出来ない……」これも上記のペットトークからするとネガテイブな言い方、発想です。

それを変換して、「○○なら出来る……」「すると為にこのようにしよう!」……試合に臨む者として、このようなポジティブ発想は持たなくては、幾ら上司がペットトークをしても、ヤル気スイッチにはならないのです。

変化のある時代で大変だとは思いますが、まずはどのような試合でも、
ポジティブに前向きに臨む各々の姿勢…………
それを受けて、
上司はドンと背中を押しフォローをしてあげる………
このような形が仕事における相互の信頼関係の構築となり、チームワークが向上するのだと考えます。

利己主義

皆さん、こんにちは‼︎
西日本では暑い日が続いていますね。
盆休みも終わり、今週末あたりから仕事…という方々も多いのではないでしょうか?

私は盆休み期間中、東京に居ましたが、1週間ぐらい、雨が降ったり止んだり…また曇りの日も多く、気温も25℃前後ぐらい…避暑地のように涼しく過ごし易い感じでした。
いよいよ盆休みも明け…今年の後半戦、皆さん頑張って参りましょう!

さて、話しは変わりますが、盆休み期間中の8月15日…ご存知の通り、日本で言うところの終戦記念日です。

この時期になると戦争の悲惨さを伝える様々な番組が放映されます。

それを観るにつけ、「二度と戦争をしてはいけない…」と改めて強く思いますし、「平和な時代に生まれた事…憂いがなく仕事ができ、相応の生活ができる事…」…本当に有難いと思います。

私達がそのようにできていること事態、当たり前ではなく、先の大戦で、純粋に国を思い…家族を思い…命を捧げた方々、戦後、焼け野原から今日の繁栄を積み重ねて来られた方々……その先人達の礎があり、私達は現代を生かして頂いているのだ……と感謝の念に絶えません。

一様に番組を観られた方々は、同様の思いを持たれるのではないでしょうか?

しかし……一方で実際に戦争を体験された方々はご高齢になっておられ、その生の声も届かなくなって行く現状があり、72年を経過した今、少しずつ希薄になって行っているのではないか?と思います。

政治の世界に目をやっても、各国の首脳は戦争を体験されていない世代が大半を占めています。

そして、時代は「自国主義」「利己主義」へと少しずつ傾いているのではないか?と危惧しています。

北朝鮮、アメリカ、ロシア、中国、イギリス………そして日本も………「自国が良ければ、それで良い」というような風潮に流れ出している感じがします。

「総論賛成各論反対」……これも又、本音では当たり前の事です。

まずは自国優先……本音では「自分が可愛い」……各論では当たり前でしょう。
しかし、互いに尊重をし、どこかで折れる所は折れ、互いに譲歩しながら落とし所を探り、協調して行く事が重要です。

現在の外交においても行っている事ではありますが、互いの利己主義が激しく、レッドラインぎりぎりになって落とし所を見つけている気がします。

正に、キューバ危機のような感じです。

この段階で折り合いがつかなけば軍事衝突……になってしまいます。

道理に合わない利己主義が闊歩する時代……まずは得手勝手な主義主張を引っ込める……その上で互いを尊重し主義主張を発する……イエローカードの段階前で落としどころを探る………これが肝要な措置ではないか?と考えます。

今は道理を越えた主義主張を発し、互いが引かないまま、レッドラインへ………これでは再び戦争になってしまうかもしれません。

先の大戦では多くの方々が亡くなっています。

その方々の死を無にしない為にも、現代を生きる私達は賢い選択をして行かなくてはなりません。

今、高校野球真っ盛りです。

礼に始まり礼に終わる……互いを認め合う中でも、まずは自軍のチームの勝利の為に、各々が自己を捨て戦い抜く…………そして試合が終わると互いの健闘を讃え合う……………

各国の首脳達の行動と球児達の行動は対照的に見えて仕方ありません。

国に限らず、変化の早い時代、経済成長が約束されない時代にあって、私達1人1人も「自分さえ良ければ……」…このような考えになりがちです。

人は1人で生きる事は出来ません。
仕事も又、1人で出来る訳はありません。
高校野球の如く、チームの勝利に向かって、其々が其々のポジションで力を発揮し、互いを尊重しつつ、チーム力として勝利を収める……

One for all All for oneの精神で参りましょう!