• HOME > 
  • ブログ

あと2ケ月⁈

皆さん、こんにちは‼︎
早くも11月に入りました。
今年もあと2ケ月ですね……ホントに早いです。

朝晩はめっきり寒くなって来ましたが、今週は久しぶりに晴れ間が戻りました。
このような天気は1ケ月振りでしょうか?
週末も行楽日和となりそうですので、残り少ない秋を満喫してください。

さて、話は変わりますが、私達の会社も今年6月をもって第50期の決算を終えました。
1年の早さもそうですが、ホントに月日の経つのは早いと感じます。

この7月から次の50年に向けての挑戦が始まっています。
第1四半期はお陰様で順調な推移をしました。

しかし、第1四半期検証の結果、様々な課題も見えて来ました。
変化の激しい時代においては、僅か数ヶ月経過するだけでも課題は発生するものです。

それらの課題は放置せず即座にPDCAを回し解決していかねばなりません。

仕事はいつの時代も計画(P)→実行(D)→検証(C)→改善(A)……この繰り返しをして、期限までに成果を出す……この積み重ねです。

【第1四半期検証における課題】
① 為替が円安傾向
② 中国の原材料高騰
③ 国内運賃の値上げ傾向
④ 創業事業のジリ貧
⑤ 新事業の売上不安定

これらが第1四半期を終えた段階での不安要素です。

特に①〜④はメイン事業の利益率を押し下げる…
又は全社の利益額を押し下げるもので深刻です。

ただ、これらは以前よりある程度は予見されたものであり、⑤をもってカバーするという戦略で進んでは来ていましたが、②③がこの第1四半期に課題として加わってしまいましたので、緊急に改善策を打ち期限を設け、直ちに実行しなければなりません。

課題はどこの会社でもあります。

現代においては特に「いつまでに(期限)、誰が(どの部署が)、どれまでの事を(成果)、成し遂げるのか(実行)?」が重要です。

このスピードが遅れれば遅れる程、課題は大きいものになってしまいます。

人は小さい障害であれば避けて通る事も出来るでしょう。
しかし、大きい障害は乗り越えなければ前に進む事が出来ません。
それを唯一出来る動物は人間だけです。

だから人は成長するのです。

1人では不可能かも分かりませんが、チーム一丸となれば乗り越えられない障害などありません。

例え小さい車であっても目的地に辿り着く事は出来ます。
ベンツじゃなくて大丈夫なのです。

少々時間が余分に掛かるだけです。

目的地に向かって走っていれば必ず辿り着きます。

辿り着かないとしたら、「小さい車では駄目だ…」
などやらない理由・出来ない理由を考え
「1歩前に進む行動」をしていないだけです。

森羅万象…生きとし生けるものすべて1日は24時間です。

それを知恵をもって30時間、40時間する方法はないのか?

この知恵が湧いた時、小さい車であってもベンツを追い抜く事が可能になるのです。

全ての仕事の考えはココにあると言っても過言ではありません。

会して議さず……
議して決せず……
決して動かず……

会議を揶揄した諺です。

集まっても議論する訳でもなく、議論しても決定する訳でもない……そして決定しても動かない…このような意味合いです。

部門部署は時に集まって議論する事が大事です……

課題に対して「だから、出来ない…」と言うのでは無く、『どのようにすれば、解決出来るのか?』…これが議論の対象です。

この議論が知恵を生み出し改善策に繋がります。

そして改善策の中から部門部署長は1つを選択決定しする。

そして活動目標と計画を練り実行に移す……
あとはPDCAを回し、期限までに成果を得る……
達成した暁にはみんなで喜び合う……………

今年も残すところあと2ケ月…

行動あるのみ………

行動こそが唯一無二の解決法なのです‼︎

成長メカニズム

皆さん、こんにちは‼︎
めっきり涼しくなって来ました。
それにここ1週間から10日ぐらい、昔の梅雨のようにシトシトと雨が降り続いています。

この時期にこれだけ冷えるのも……雨が降り続くのも珍しいのではないでしょうか?

例年以上に気温の変化が激しい感じです。

どうぞお身体をご自愛ください。

さて、話は変わりますが、

「成長メカニズム」

という言葉をご存知でしょうか?
会社の成長は、
そこで働くスタッフ1人1人の成長無しにはありえません。

その成長を促進させる方法があると言う訳です。

以前…私達が若い頃は以下のようなメカニズムでした。

①  知識や考え方
其々の職務における知識や考え方を、上司からのレクチャーを受けます。

② 行動

③ 成果

私は大学を卒業後、商社に入社し、営業職に付きました。

上述のように、営業としてのマナーや最低限の知識のレクチャーを
1週間程度受け、数十社の顧客データを渡され、
「明日から実践な…1日の粗利益ノルマはこれだけ…」

こんな感じのスタートでした。

その商社は毎朝、1人1人ノルマ報告があり、ノルマが達成されないと、酷い叱責や嫌味を浴びせられます。

当然入社して1週間の人間が、
直ぐに売上・利益を上げられる訳もありません。

既存顧客からは、しばしば既存商品の注文は入っていましたが、
それだけを処理していたのでは売上・利益ノルマに到達する訳もなく、1ケ月ぐらいはノルマ未達が続きました。

その間、毎朝の叱責が続き、針のむしろ状態の中、自分なりに様々な提案方法を考え、試行錯誤しながら行動をしていました。

ようやく1ケ月が経ち、最低限のノルマはクリア出来るようになりました。

すると、翌月から倍のノルマを課せられます……

また、自身で試行錯誤しながら既存深耕・新規開拓をし、そのノルマをクリアして行きます………

昔は先輩のやり方を盗んで、自分自身で考えてやりなさい…………このようなやり方が多かったのだと思います。

しかし、これでは属人化してしまい、個々のスキルに頼る事になり、会社としての基準がなく、気が付けば3年間、入社する人みんな辞めていました。

その頃から、上述のメカニズムでは機能をしなくなって来ていたのかもしれません。

そんな中、新たな「成長メカニズム」が生まれました。

個々の成長を速やかなにし全体最適を作り出すメカニズムです。

①  知識や考え方
②  能力(スキル)
③  行動
④  成果

このようなメカニズムです。
変化したところは「能力」です。

以前のメカニズムでは、その「能力」の部分がその人任せでした。

知識や考え方だけを教えて

「さぁ〜やりなさい」
「行動をしなさい」

と言われても、やる気はあってもどのようにして行えば良いのか?が分からず、結果、個々のスキルに頼る事になり、属人化してしまい、成果もまばらで時間も要する事になっていたのです。

そこで考えられたのが「能力」というメカニズムです。

能力は「手順書」×「技能」で現す事が出来ます。

手順書は、
よりよい仕事を効率的に進める為のマニュアルです。

技能とは、手順書を繰り返しの行う事で身に付くものです。
ロープレも技能UPの手段として有効です。

例えば新規営業の場合、

どのような企業リサーチを行い、どのようなトークスクリプトでアプローチをするのか?

そして、商談時にはどのようにプレゼンを行い、どのような情報を顧客から聞くのか?

このような内容を単に教えるだけではなく、具体的に手順書として落とし込み、フォーマットを作成し、行動に移せるようにしてあげる………

これがメカニズムで言うところの「能力」です。

このメカニズムを挟む事で、属人化を防ぎ、時間のロスを防ぎ、成果のバラツキを防ぎ、全員がある一定の基準のスキルを持って行動する事が可能になり、行動の標準化、全体最適が実現し、営業全体のレベルアップに繋がります。

これは生産や業務、出荷などあらゆる部門部署においても同じ事です。

例えば弊社生産においての手順書は
図面作成→治具作成→生産→工程内検査……

この手順を踏む事で効率良く品質の安定した生産を生み出す事が可能になり、機械のオペーレーション(How To)が出来れば、ほぼ誰が生産しても成果物は同じものになります。

手順書を作成する……
ロープレをする……
決まった手順書をきっちりと遵守させる………

これらは部下達が速やかに成長する為にも、また、自身が少しでも楽になる為にも、上司としては心掛け実行をして行かねばなりません。

手順書というチーム内での叩き台・共通認識があるので、更に能力アップを目指す時、チーム内で議論をし、手順書のブラシュアップをするだけで良いのです。

これが現代のリーダーが部下育成に際してのあるべき姿と方法論となります。

1人が成長してくれる事は非常に有り難い事ではありますし、どのチームにもリーダーは必要です。

しかし1人では出来る範囲に限界があります。

従って属人化せず、チームとして全員が1歩成長する……………
このような会社、チームを作って行かなければなりません。

その為には、「どのように……」という部分において手順書まで落とし込み、ロープレやOJTなどを用いて上司は指導・教育をしてあげる……それにより人は成長するのです。

ISOもまた、手順書、フォーマット、記録→改善……この実行を
五月蝿く言っています。

取得されている会社であれば、このような概念や仕組みはあるのではないかと思います。

成長とは「当たり前の基準が上がる事」……

これが出来れば更にまた同じようなメカニズムを用いて1歩上の基準を目指す……………

この繰り返しを行う事でチーム力というものは、どんどん向上して行くものなのです。

成長メカニズム……
「能力」は「手順書」×「技能」……

教えた事に対して…または、目指す成果物に対して、

『どのようにすれば成し得るのか?』を手順書まで落とし込み、実際の行動に移せる状態にまでしてあげ、そしてそれを検証し、再び指導や教育、はたまた改善を行い、チームを向上させる……………

今のリーダー達はこのメカニズムを上手く活用し全体最適を作り出し、部下達を成長させてください。

環境の構築

皆さん、こんにちは‼︎
めっきりと涼しくなって来ましたね。
香芝にある本社工場眼下では稲が実り、鈴虫の声も盛んになって来ました。
寒暖の差も激しくなり、私も先般久しぶりに風邪を引いてしまいました。
皆様方におかれましては、お身体にはどうぞご留意くださいませ。

さて、話しは変わりますが、近頃、国内外が俄かにきな臭くなって来ました。

国内にあっては突然の解散総選挙……
国外にあっては北朝鮮問題……

以前にもお話ししましたが、時代は利己主義・自己利益追求へと傾いている感じがします。

これも総体的に、好景気感がない……気持ちのゆとりがない事を意味していると思います。
確かに数字だけを見ると大手企業を中心に経済指標はいいのかもしれません。
しかし、その業績を向上させる為に、1人あたり、やらなければならない仕事量や職務が増え………しかも時間に限りがある中でやらなければならない………

現代において、効率化、多能工を追求する事は結果を出す為には、致し方ない部分はあります。

しかし人数や時間には限りがあり…………
数字的には良く見えても、各企業や各人は、いつも何かに追われ、その中で凌ぎを削り疲弊している………これが現代社会だと考えます。
従って国も企業も人も、気持ちのゆとりが無くなり、利己主義へと傾いて行くのだろうと思います。

今回の解散総選挙……内閣改造をし、自ら仕事人内閣と呼んだにも関わらず、一切仕事をする事無く、党利党略の為に解散をする……

今回の解散総選挙は本当に国民の為なのでしょうか?何を国民に問うのでしょうか?
何れは総選挙をしなくてはならない訳ですが、何故いま??の疑問は残ります。

また、北朝鮮問題……「世界が自分を認めてくれない」…だからミサイル・核開発をする…まるで子供です。
これも本当に自国の国民を考えての行動でしょうか?

世界にはルールや方向性があり、それを無視して行動したのでは、当たり前ですが、誰も認めてくれる訳がありません。

これは企業ですら同じです。

北朝鮮が世界から認めてもらうには、まずは現代の世界秩序を遵守し、方向性を共有し、核開発等を中止する………
この方向性に向いた時、世界も認めて、手を差し伸べてくれるのではないでしょうか?
またトランプ大統領もまるで子供のように舌戦を応酬しています。
せめて、どちらかが大人の対応をしなければ子供の喧嘩に発展し兼ねません。

万が一、軍事衝突となれば、アメリカ本土は問題ないかもしれませんが、同盟国である日本や韓国………そしてその国民は大なり小なり被害を被る事になります。
一説に、東京にミサイルが落とされた場合、その犠牲者は100万人とも言われています。

北朝鮮の秩序を無視した暴挙は許せませんが、どちらも自身のプライドだけで暴走したのでは収拾がつかなくなってしまいます。

これら全て利己主義の結末です。

安倍総理が言われる国内外における「国難」とは、見方を変えると、利己主義を追求する余り、自ら招いてしまった事なのかもしれません。

現代においては国だけでなく、企業においても利己主義へと傾いています。

企業は営利目的……しかし、これも利己利益だけを追求し、追っ掛けたのでは周りとの摩擦を生み、社員達が疲弊してしまいます。

まずは会社の方向性を見誤る事無く舵をとらなければなりません。

そして全員がその方向性に向かって進む………
そして、出来るだけ無駄な仕事や業務を無くす…
又は簡素化・マニュアル化を行い、人や時間の余裕を生み出す……進む方向性が間違いなく、それに向けて活動さえすれば結果はついてくる…………

このような企業運営が全社で実現すれば、現代においても少しはゆとりの気持ちを持って仕事に向かえ、且つ結果も伴うのではないか?と考えています。

いかなる変化の時代においても、国であれば国民が………
企業であれば、社員達がイキイキと楽しみながら、仕事や生活が出来る環境を構築する……………
国の指導者も企業の経営者もこれを追求して行かな ければなりませんね。